[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
260 1/14(水)
23:31:25
 症状報告(42) ― 新治療方針  メール転送 芦田宏直  No.124  3097 

 
東京女子医大に入って、約一ヶ月。ほとんどの精密検査は終わり、今日は治療方針の発表の日だった。血管異常や膠原病などの疑いもあったが、ほとんどその“疑惑”は消え、やはり「多発性硬化症」と判断するのがもっとも自然(担当医)、という或る意味当たり前の結論となった(こんなあたりまえのことを確認するだけでも検査報告書は4,5センチの厚さのファイルだった)。しかも脊髄の炎症箇所は完治しているとのこと。グリア細胞(http://www.watsonkun.com/shujunsha/200304.html)が損傷箇所のほとんどを修復しているらしい。長いステロイド治療が功を奏したらしい。たしかにMRIの映像をみてもきれいに神経の“通路”が復活している。

「しかしこれだけ見事に復活していても、再発する可能性があるということですね」と私は、先生の診断の発言を追った。「そうですね。それは誰にもわかりません」。

前半はそういった説明に終始した。しかし私にはその説明を聞けば聞くほど不可思議に思うことがあった。そうであれば、今家内の胸から下(そしてもちろん足)にきつい縛りのある意味が説明できない。以前と同じように歩けない意味が説明できない。「炎症が完治している、ということ。にもかかわらず、張りがあるということは、張りは炎症の症状ではなくて、その後遺症ということですね」と尋ねた。「そうですね」と主治医。「ということは、後は、治療の問題ではなくて、リハビリと再発予防の問題だということですか」。「そうですね。リハビリと再発を防止することですね」。

「もう一つ言えることは、炎症もひどい場合にはミエリン梢だけにとどまらず、軸索(神経の束)そのものにまで損傷を与えている場合もあり(http://mmh.banyu.co.jp/068/s068_01.html」、それがリハビリでどこまで復活するのかもリハビリの課題になりますね」(担当医)。「神経の蘇生はリハビリでどこまで可能ですか」(私)、「それは難しい質問ですが、健康な神経が欠損している神経を補うように成長するということはよくあることです。もう一つ言えることは、芦田さんの場合は、長い病院生活で筋肉そのものが衰えていますから、今、神経の損傷と純粋なリハビリの対象とがどんな関係にあるのかはむずかしい問題ですね」(担当医)、「要するに、それは説明の問題ではなく、とにもかくにもリハビリに集中するということですね」(私)、「そうですね」。

あとは、再発予防の問題だ。「今のミエリンの炎症の“完治”がなお内服しているステロイドのおかげだ、ということは有るわけですよね」「そうです。あとはステロイドからインターフェロン(http://www.yomiuri.co.jp/iryou/renai/20030130sr11.htmhttp://www.uoeh-u.ac.jp/kouza/sinnai/ms_ifn_j.html)に変える時期の問題です」。「ステロイド治療とインターフェロンの投薬とは何が違うのですか」「一言で言うのは難しいですが、ステロイドは免疫力全体を減衰させますが(だから、色々な病気に効くのですが)、インターフェロンベータは多発性硬化症の特定の免疫抗体に対して有効に作用します。従って長期投与しても差し支えない。再発防止には適しています」。「それでは、なぜ、最初からインターフェロンを投与しないのですか?」「炎症が一気に起こった時には、全体の免疫力を減衰させないと対応しきれないからです」「なるほど」「だから、両者を並行して投与する場合もあります」。「なるほど」。要するにインターフェロンに移行することができる程度に症状は回復してきたということだ。

「インターフェロンの副作用は、どうですか」「最初の内風邪の初期症状のように熱が出たりします。或いは心理的には抑鬱状態が出たり … 。しかしそれに対応することはできますから心配はないと思います。これも人それぞれです。ほとんど気にならない人もいますから」「要するに、これもやってみるしかない、ということですね(私は内心、ステロイドで顔が腫れるよりはましだな、と思っていた)」「そうですね」。

これで今日の話の結論は決まった。リハビリに専心することとインターフェロンの投与を開始するということだ。「インターフェロンはいつから投与しますか」「来週から始めたいと思います」。「わかりました。ではよろしくお願いします」。

家内は、神経損傷(軸索損傷)の話を先生がしているとき、勝手に泣いていた。私は「泣いてもしようがないじゃない」と言いながら先生と話を続けていたのだが(もうひとりの女医さんが大丈夫ですか、と家内を気遣っていてくれていた)、それは、昨年末までの闘病に少しばかりの後悔を感じていたかららしい(後で家内から聞いた話)。そんなことで泣いていてはしようがない。それがわかっただけでもありがたいことだ。

担当医とのお話はお昼の一時間を超えた時間だったが、臨席していたその女医さんが夜九時を越えて帰る前に、わざわざ家内のところに立ち寄り、「歩けるようになっておうちに帰りましょう。これから頑張りましょう」と握手をしてくださったらしい。これもありがたいことだ。ここ一年、私は、〈感謝〉という言葉を学びなおしている。


124 家内が緊急入院しました。 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 125 症状報告 メール転送 芦田宏直
    ┣ 128 症状報告(2) メール転送 芦田宏直
    ┣ 134 症状報告(3) メール転送 芦田宏直
    ┣ 135 症状報告(4) メール転送 芦田宏直
    ┣ 136 メール転送
    ┣ 137 症状報告(6) ― フライパンとフライパンカバー メール転送 芦田宏直
    ┣ 138 症状報告(7) ― 退院が決まりました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 139 症状報告(8) ― 自宅前の桜 メール転送 芦田宏直
    ┣ 140 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 岡村 和恵
    ┣ 144 症状報告(9)― 再入院しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 145 症状報告(10) ― この病こそ、気の病。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 147 症状報告(11) ― 分別ゴミの思想と治療の言葉 メール転送 芦田宏直
    ┣ 148 症状報告(12) ― 料理、受付、再退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 149 症状報告(13) ― 仮退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 150 再入院!大変ですよね。 メール転送 岡村
    ┣ 152 メール転送
    ┣ 153 症状報告(14) ― 本日(14日)、退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 155 症状報告(15) ― 再々入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 157 症状報告(16) ― 再々入院その後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 159 症状報告(17) ― そして息子が倒れた メール転送 芦田宏直
    ┣ 162 症状報告(18) ― 〈人生〉を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 163 症状報告(18)補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 164 症状報告(18)続・補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 169 症状報告(19) ― 松阪牛騒動と食器洗い機 メール転送 芦田宏直
    ┣ 170 症状報告(20) ― 女子高生を許さない メール転送 芦田宏直
    ┣ 174 症状報告(21) ― 『サミット』と『さえき』 メール転送 芦田宏直
    ┣ 175 症状報告(22) ― 仮退院の三日間はスリリング メール転送 芦田宏直
    ┣ 177 症状報告(23) ― 鹿児島小平さんからのメール メール転送 芦田宏直
    ┣ 179 症状報告(24) ― 鹿児島・小平さんからの返信 メール転送 芦田宏直
    ┣ 181 症状報告(25) ― 退院後の検査 メール転送 芦田宏直
    ┣ 190 症状報告(26) ― また入院してしまいました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 191 症状報告(27) ― 感謝します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 192 症状報告(28) ― 先生と家内に呼ばれた メール転送 芦田宏直
    ┣ 194 症状報告(29) ― 多発性硬化症ではない? メール転送 芦田宏直
    ┣ 216 症状報告(30) ― 『免疫革命』の革命性 メール転送 芦田宏直
    ┣ 237 症状報告(31) ― 日赤は救急病院だった。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 238 症状報告(32) ― 突然の来客と東京女子医大への転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 240 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 山田千果
    ┣ 241 返信: 家内が緊急入院しました(千果さんへの返信)。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 243 症状報告(33) ― 拾う神 メール転送 芦田宏直
    ┣ 244 症状報告(34) ― 16日に東京女子医大に転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 245 症状報告(35) ― 転院、無事終了 メール転送 芦田宏直
    ┣ 246 症状報告(36) ― 牡蠣フライはもう作らない メール転送 芦田宏直
    ┣ 248 返信: 症状報告(36) ― おいしい牡蠣フライの作り方 メール転送 芦田宏直
    ┣ 249 症状報告(37) ― フジテレビ跡地の公園 メール転送 芦田宏直
    ┣ 254 症状報告(38) ― 休むための大掃除 メール転送 芦田宏直
    ┣ 257 症状報告(39) ― お正月と紅白のその後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 258 症状報告(40) ― 母親が泣いていた メール転送 芦田宏直
    ┣ 259 症状報告(41) ― 「お見舞い」ではなくて、「看病」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 260 症状報告(42) ― 新治療方針 by 芦田宏直
    ┣ 263 症状報告(43)  ― いちごは腐っている メール転送 芦田宏直
    ┣ 266 症状報告(44) ― 本当の「症状報告」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 267 症状報告(45) ― 帰ってきました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 268 症状報告(46) ― とりあえず、「合格」しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 269 症状報告(47) ― また帰ってきました(ナガシマは入院しましたが) メール転送 芦田宏直
    ┣ 280 症状報告(48) ― また再発しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 281 症状報告(49) ― 「また再発しました」続編 メール転送 芦田宏直
    ┣ 284 症状報告(50) ― 長嶋監督に会った。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 290 症状報告(51) − 明日、帰ってきます。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 301 症状報告(52) ― 退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 302 症状報告(53) ― こんな返信がありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 311 メール転送
    ┣ 317 症状報告(55) ― またパルス メール転送 芦田宏直
    ┣ 318 症状報告(56) ― 説明に誤りがありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 319 症状報告(57) ― 検査結果は「異常なし」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 320 症状報告(58) ― 「暗い」と言われた メール転送 芦田宏直
    ┣ 345 症状報告(59) ― またまた点滴 メール転送 芦田宏直
    ┣ 348 症状報告(60) ― まだ良く生き延びている メール転送 芦田宏直」
    ┣ 362 症状報告(62) ― 特技は難病 メール転送 芦田宏直
    ┣ 375 症状報告(63) ― 気分は高木ブー メール転送 芦田宏直
    ┣ 407 症状報告(64) ― 帰り道が危ない メール転送 芦田宏直
    ┣ 1053 症状報告(65) ― 退院後1年経ちました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1076 症状報告(66) ― 台風とキリスト教 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1115 症状報告(67) ― またまた再発、再入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1116 症状報告(68) ― 家内も私も元気です。 メール転送 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

260番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。