[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
153 5/14(水)
00:04:40
 症状報告(14) ― 本日(14日)、退院します。  メール転送 芦田宏直  No.124  2900 

 
 色々とご心配をおかけしていますが、本日(5月14日)、退院ということになりました。一ヶ月ぶりの「再」退院ですが、とにもかくにも、この病気、「多発性」という言葉が付いているように、前触れもなく再発することがあります。だから「難病」指定なのでしょう。全く再発しない場合もあるし、何回か繰り返す場合もあります。繰り返す場合も、今回の家内の場合は、骨髄(首の少し下)の神経がおかしくなりましたが(そうやって足への指示系統がおかしくなり歩きづらくなる)、そこではない、たとえば視神経が病変になる場合もあります。場所も「多発」する可能性があるのです。ややこしい病気です。

 「難病」とは言ってもアメリカやヨーロッパには多く、日本では5000人〜8000人くらいの患者しかいないまれな病気です。もっともこの人数は曖昧で、診断が付かず「更年期障害です」と言われている患者の中の中にも“多発性硬化症”の人は潜在しているらしい(自然治癒する場合も多いため) ― もっともこの病気自体は20代、30代の若い人に多く、家内のように歳を取って発病する人はさらにまれなケースになるし(家内自身は「30歳、若返ったと思ってよ」とわけのわからない冗談を言っていました)、高年齢での発病は症状もそう重くはならないらしい(と言う人もいる)。アメリカ・ヨーロッパに多いおかげで、最近はかなり治療薬の研究も進んで(本気で再発を防ごうと思えば、現在でも「インターフェロン」の投薬もあるし、ここ数年のうちに完全治癒薬が開発されるという情報もあります)、ここ数年のうちに(この緊縮国家財政の中で)、「難病」指定も外されそう、という情報もあります(これはいいことかもしれない)。とりあえず、“発展途上国”の病気ではなくてよかった、というべきか。

 どちらにしても、私の考えでは、これは病気ではなく病気そのもの(THE 病気)です。歳を取れば、みんな“多発性硬化症”です。足は動かなくなる、目は見えづらくなる、病院へは通いがちになる。挙げ句の果てにガン、なんて病変は、まさに“多発性”“硬化症”です。

 社会的に言っても、組織の中にも“多発性硬化症”に陥っている人は一杯いて、何度注意しても同じ過ちを繰り返す人、忘れた頃に失敗する人、上司に見えづらい失敗を繰り返す人、そんな人は捨てるほどいます。その意味では、多発性硬化症は、THE社会(THE 職場)です。職場でも、家庭でも“難病”者を抱えて、私は家内の担当医よりも“名医”にならなければならない。大変、大変。病気とは比喩の比喩なのです。

 最近は、スーパーでの買い物の仕方に取り組んでいる。だいたい私がスーパーで買い物をすると、すぐに2000円を超える。たいした買い物をしているわけではないのに、すぐに2000円を超える(これを毎日繰り返している)。レジの前に並んでいる年金暮らしのおばあさんは、かごに一杯モノが入っているのに1000円以下、たいていは700円、800円止まり(まるで竹中緊縮財政の悪例http://www.ashida.info/jboard/read.cgi?num=119、あるいはシュンぺーターのイノベーション理論の悪例http://www.ashida.info/jboard/read.cgi?num=121.119.2のような消費の仕方だ。こういった緊縮化や豊かさを“先のない”緊縮化、“豊かさ”と言うが、私の今の立場では、このおばあさんに脱帽だ)。この差がなかなか乗り越えられない。

 もう一つ、気になっているのは、レジの対応。単品を2,3個だけ入れたかごで夜の9:00すぎのレジ。店内にはそれほど人もいない。もちろんレジには誰も並んでいない。そこで中年過ぎのスーパーで食材を買うスーツ姿の(独身でもなさそうな)私。普通、こんな状況なら、精算を済ませば袋に入れるくらいのことはしてくれてもいいだろう。若い高校生くらいのアルバイトがそうしないのはわかるが、中年過ぎの主婦のアルバイトがそうしないのはどうしてか。腹が立つ。

 若い高校生でも優しい(あるいは気の利く)娘は、自然にかごに入れてくれたりもするから余計にこの中年の主婦に腹が立つ。そんな主婦レジには、わざとかごを置き去りにして立ち去ることにしている(もっとも夜の九時過ぎにレジアルバイトに立つ“主婦”というのも奇妙なものだ。ひょっとしたらろくでもない亭主に苦労を強いられている“不幸な”主婦で、私がその亭主に見えるのかもしれない)。

 そもそもスーパーでいちばんいやなのは、買ったものを袋に入れること(この作業は“超”所帯じみていて、ほとんど屈辱的だ)。お金を出してもいいから何とかして欲しい。烏山の『シミズヤ』ではむかし袋入れがサービスで付いていたが、いまではなくなっている。この私の通う(自宅マンション前の)『さえき』(http://www.freshsaeki.co.jp/)でも、そのサービスがついていない。まだ自宅前だから我慢しているが(あの長ネギが突き出たビニール袋を長い距離持ち歩く男の気が知れない。突き出てさまになるのはフランスパンくらいだ)、遠ければ、生協の宅配にした方がいいに決まっている。

 今日から家内は帰ってくるが、当分、このスーパー通いと家事仕事全般は、私の仕事。家事といっても、免疫異常の病気だから、通常以上にウイルス・細菌を寄せ付けない清潔を保つ必要がある。おかげで自宅はかなりきれいになりそうだ。本気でやれば、O型獅子座の私の方がB型射手座の家内よりも掃除はうまい。

 この退院は、外科的な病の快気退院ではないので、歳をとれば病院との関係も近しいものとなることの一つの節目でしかない(今日の主治医の説明では「いつでも気楽に連絡してください」とのことだった。頼もしいというかなんというか)。これは、もちろん家内の方が私よりも先に歳をとったということではない。私は私でもっと深刻な病巣を抱えているかもしれない。そんなことは50歳を間近にすれば誰にでもあることだ(私と家内とは中学校以来の同級生)。数回に及ぶMRI断層診断(http://niirou.jp/xray/mri.html)で他の病変が一つも見つからないのだから、家内の方が健康かもしれない(私はこんな検診をすると必ず即入院だろう)。要するに私も家内も自然に歳を取っているということでしかない。少なくとも私よりは一日くらい長生きをして欲しいが。まあとりあえず自宅に帰れるということはめでたいことだ。今日14日の「大安」に感謝。


124 家内が緊急入院しました。 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 125 症状報告 メール転送 芦田宏直
    ┣ 128 症状報告(2) メール転送 芦田宏直
    ┣ 134 症状報告(3) メール転送 芦田宏直
    ┣ 135 症状報告(4) メール転送 芦田宏直
    ┣ 136 メール転送
    ┣ 137 症状報告(6) ― フライパンとフライパンカバー メール転送 芦田宏直
    ┣ 138 症状報告(7) ― 退院が決まりました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 139 症状報告(8) ― 自宅前の桜 メール転送 芦田宏直
    ┣ 140 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 岡村 和恵
    ┣ 144 症状報告(9)― 再入院しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 145 症状報告(10) ― この病こそ、気の病。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 147 症状報告(11) ― 分別ゴミの思想と治療の言葉 メール転送 芦田宏直
    ┣ 148 症状報告(12) ― 料理、受付、再退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 149 症状報告(13) ― 仮退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 150 再入院!大変ですよね。 メール転送 岡村
    ┣ 152 メール転送
    ┣ 153 症状報告(14) ― 本日(14日)、退院します。 by 芦田宏直
    ┣ 155 症状報告(15) ― 再々入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 157 症状報告(16) ― 再々入院その後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 159 症状報告(17) ― そして息子が倒れた メール転送 芦田宏直
    ┣ 162 症状報告(18) ― 〈人生〉を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 163 症状報告(18)補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 164 症状報告(18)続・補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 169 症状報告(19) ― 松阪牛騒動と食器洗い機 メール転送 芦田宏直
    ┣ 170 症状報告(20) ― 女子高生を許さない メール転送 芦田宏直
    ┣ 174 症状報告(21) ― 『サミット』と『さえき』 メール転送 芦田宏直
    ┣ 175 症状報告(22) ― 仮退院の三日間はスリリング メール転送 芦田宏直
    ┣ 177 症状報告(23) ― 鹿児島小平さんからのメール メール転送 芦田宏直
    ┣ 179 症状報告(24) ― 鹿児島・小平さんからの返信 メール転送 芦田宏直
    ┣ 181 症状報告(25) ― 退院後の検査 メール転送 芦田宏直
    ┣ 190 症状報告(26) ― また入院してしまいました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 191 症状報告(27) ― 感謝します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 192 症状報告(28) ― 先生と家内に呼ばれた メール転送 芦田宏直
    ┣ 194 症状報告(29) ― 多発性硬化症ではない? メール転送 芦田宏直
    ┣ 216 症状報告(30) ― 『免疫革命』の革命性 メール転送 芦田宏直
    ┣ 237 症状報告(31) ― 日赤は救急病院だった。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 238 症状報告(32) ― 突然の来客と東京女子医大への転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 240 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 山田千果
    ┣ 241 返信: 家内が緊急入院しました(千果さんへの返信)。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 243 症状報告(33) ― 拾う神 メール転送 芦田宏直
    ┣ 244 症状報告(34) ― 16日に東京女子医大に転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 245 症状報告(35) ― 転院、無事終了 メール転送 芦田宏直
    ┣ 246 症状報告(36) ― 牡蠣フライはもう作らない メール転送 芦田宏直
    ┣ 248 返信: 症状報告(36) ― おいしい牡蠣フライの作り方 メール転送 芦田宏直
    ┣ 249 症状報告(37) ― フジテレビ跡地の公園 メール転送 芦田宏直
    ┣ 254 症状報告(38) ― 休むための大掃除 メール転送 芦田宏直
    ┣ 257 症状報告(39) ― お正月と紅白のその後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 258 症状報告(40) ― 母親が泣いていた メール転送 芦田宏直
    ┣ 259 症状報告(41) ― 「お見舞い」ではなくて、「看病」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 260 症状報告(42) ― 新治療方針 メール転送 芦田宏直
    ┣ 263 症状報告(43)  ― いちごは腐っている メール転送 芦田宏直
    ┣ 266 症状報告(44) ― 本当の「症状報告」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 267 症状報告(45) ― 帰ってきました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 268 症状報告(46) ― とりあえず、「合格」しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 269 症状報告(47) ― また帰ってきました(ナガシマは入院しましたが) メール転送 芦田宏直
    ┣ 280 症状報告(48) ― また再発しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 281 症状報告(49) ― 「また再発しました」続編 メール転送 芦田宏直
    ┣ 284 症状報告(50) ― 長嶋監督に会った。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 290 症状報告(51) − 明日、帰ってきます。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 301 症状報告(52) ― 退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 302 症状報告(53) ― こんな返信がありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 311 メール転送
    ┣ 317 症状報告(55) ― またパルス メール転送 芦田宏直
    ┣ 318 症状報告(56) ― 説明に誤りがありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 319 症状報告(57) ― 検査結果は「異常なし」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 320 症状報告(58) ― 「暗い」と言われた メール転送 芦田宏直
    ┣ 345 症状報告(59) ― またまた点滴 メール転送 芦田宏直
    ┣ 348 症状報告(60) ― まだ良く生き延びている メール転送 芦田宏直」
    ┣ 362 症状報告(62) ― 特技は難病 メール転送 芦田宏直
    ┣ 375 症状報告(63) ― 気分は高木ブー メール転送 芦田宏直
    ┣ 407 症状報告(64) ― 帰り道が危ない メール転送 芦田宏直
    ┣ 1053 症状報告(65) ― 退院後1年経ちました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1076 症状報告(66) ― 台風とキリスト教 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1115 症状報告(67) ― またまた再発、再入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1116 症状報告(68) ― 家内も私も元気です。 メール転送 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

153番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。