[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
238 11/28(金)
23:23:15
 症状報告(32) ― 突然の来客と東京女子医大への転院  メール転送 芦田宏直  No.124  3779 

 
 今日は(今先ほど)、また大変なことが起こった。夜、息子の太郎と、今週4回目の水炊きを食べていたら、突然、“ピンポーン”と1F玄関の来訪者を告げるベル音が鳴った。モニタに映った顔はなにやらご婦人の模様。5Fの岡村さん(http://www.ashida.info/jboard/read.cgi?num=140.124.9)かな、と思っていたら、息子が「オダさん、だって」。誰だろ? と言いながら私が出ると「先ほど学校(テラハウス)へ行ったらもう帰られたということで、病院のパンフレット、持ってきたんですけれど」とのこと。オダさん? どこかで聞いたな、と思って、「どうぞ、今開けます」。

 食事中だったが、8階のわがフロアでむかえた彼女は、2年前、テラハウスでパソコンの勉強をされていたオダさんだった(私は彼女が勉強されていたときにはほとんど面識がなかったが、テラハウスを卒業されてから一度学校に来られたときにお会いしたことがある程度)。その時から「芦田の毎日」の読者であることは知っていたが、家内の転院問題の記事(http://www.ashida.info/jboard/read.cgi?num=237.124.36)を読まれて、心配されたらしい。病院のパンフレットをわざわざ私の家まで持ってこられた。

 病院は赤坂の山王病院(http://www.sannoclc.or.jp/)。ご自身も気管支炎の治療でお通いになっていて、「受付から先生まで親切な方ばかり」とのこと。「神経内科もありますし、ご紹介しようと思って」。玄関でパンフレットだけをもらうわけにもいかず、「ちょっとお待ち下さい。今食事中ですから」と言って、「太郎、早く食べろ」と言いながら、残っている豆腐や水餃子を駆け込みで胃の中へ入れ、鍋からポン酢の瓶まで一気に片づけたが、まだ部屋が散らかっている。かれこれ7,8分かかったが、「どうぞ」と言っても、「ここで失礼します」と言われる。しかしそれでは水炊きで盛り上がっている食卓を片づけた意味がない。無理矢理にでも入ってもらうしかない。「どうぞ、どうぞ」、と入っていただき、家内の様子などを一通り説明させていただいた。

 「実は、知人の紹介(院長と理事長を知っている知人の紹介)で、東京女子医大(http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/index.html)に転院予定です。まだ最終決定ではないのですが、多発性硬化症に詳しい医師がいたり、その研究体制もあり、患者の会(MSキャビンhttp://www.mscabin.org/)」でも推奨されている病院です。そこにお世話になろうかな、と思っています」

 「それは、よかったですね」。「でも、またそこも追い出されるかもしれませんから、山王病院、覚えておきますよ。有り難うございます。今日はお車で?」「いえ、いえ新宿から電車に乗ってきたんですよ」。「そりゃ大変でしたね。本当にスミマセン」。たしかに気管支炎のせいか、息苦しそう。余計に恐縮してしまった。「他人の奥さんを心配している場合じゃないじゃないですか」。「そうなんですよ。でも奥様がかわいそうで」。2,30分くらいのことだっただろうか、お茶を出す暇もなく、お帰りになった。

 パンフレットの中には、手紙が入っており(たぶん学校に置いてお帰りになるつもりだったのだろう)、次のように書かれていた。

 「お寒くなって参りました。昨年はテラハウスでお世話になり、有り難うございました。芦田の毎日を拝見しておりますが、転院のお話があり、ご心痛のことと存じます。奥様がどんなにか悲しくおつらいお気持ちでおられるかお察しいたします。専門の良い病院、医師に巡り会われますように願わずにはおられません。何か参考になればと思い、山王病院のパンフレットをお送りまします。5頁の鷲崎先生が神経内科の先生のようなので、多発性硬化症に関してご専門でおられるか教えてもらえるかもしれないと思って思い切って電話してみました。その結果、診察を受けて頂くのが一番いいのですが、まず電話をと思われるのでしたら、明日、土曜の11時半頃にお電話して見てください( … )」。

 なんとすでに連絡までして頂いている。そういったこともあって、(息も白くなるほど寒い中)わざわざ電車を乗り継いでここまで来られたのだ。なんという、有り難いことだ(「有り難い」とは存在することに難あり、つまりなかなか存在しないことを言う)。水炊きまでも中断して、満腹の状態でせっせと部屋を片づけた意味があったということだ。何としても、この転院を成功させねばならない。

 文中、ご報告したとおり、家内は12月後半には東京女子医大の神経内科に転院予定です。日赤の主治医・武田先生(神経内科部長)もこの転院を快諾され、武田先生はもちろんのこと、担当医の宮崎先生、後藤先生、三者の連名で「紹介状」を書いて下さるそうで(この世界は、これがないと受け入れ側が動けない)、またカルテ以外の三月からの経過書、検査結果、検査写真も貼付してくださるそうです。今日の日赤での最後の髄液検査も異常なし。4日にはまた日赤最後のMRI。12月8日に東京女子医大で初めての診察を受ける予定です。移動(広尾から新宿河田町まで)ができるまでに体力回復することが今の一番の課題です。

 どうもオダさん、それから、「芦田の毎日」の読者諸氏(誰が読んでいるのかわからないが、駆けつけてくれる読者が一人いたことだけはまたわかった)、ご心配をおかけして申し訳ありません。私は全く元気で、忙しさも全く変わらず、たまには家内みたいにずーっとベッドに寝ていたいと思ったりもしますが、それは不謹慎なことらしい。オダさん(や心配をおかけしている読者)のためにも家内は元気にならなければなりません。


124 家内が緊急入院しました。 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 125 症状報告 メール転送 芦田宏直
    ┣ 128 症状報告(2) メール転送 芦田宏直
    ┣ 134 症状報告(3) メール転送 芦田宏直
    ┣ 135 症状報告(4) メール転送 芦田宏直
    ┣ 136 メール転送
    ┣ 137 症状報告(6) ― フライパンとフライパンカバー メール転送 芦田宏直
    ┣ 138 症状報告(7) ― 退院が決まりました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 139 症状報告(8) ― 自宅前の桜 メール転送 芦田宏直
    ┣ 140 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 岡村 和恵
    ┣ 144 症状報告(9)― 再入院しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 145 症状報告(10) ― この病こそ、気の病。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 147 症状報告(11) ― 分別ゴミの思想と治療の言葉 メール転送 芦田宏直
    ┣ 148 症状報告(12) ― 料理、受付、再退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 149 症状報告(13) ― 仮退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 150 再入院!大変ですよね。 メール転送 岡村
    ┣ 152 メール転送
    ┣ 153 症状報告(14) ― 本日(14日)、退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 155 症状報告(15) ― 再々入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 157 症状報告(16) ― 再々入院その後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 159 症状報告(17) ― そして息子が倒れた メール転送 芦田宏直
    ┣ 162 症状報告(18) ― 〈人生〉を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 163 症状報告(18)補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 164 症状報告(18)続・補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 169 症状報告(19) ― 松阪牛騒動と食器洗い機 メール転送 芦田宏直
    ┣ 170 症状報告(20) ― 女子高生を許さない メール転送 芦田宏直
    ┣ 174 症状報告(21) ― 『サミット』と『さえき』 メール転送 芦田宏直
    ┣ 175 症状報告(22) ― 仮退院の三日間はスリリング メール転送 芦田宏直
    ┣ 177 症状報告(23) ― 鹿児島小平さんからのメール メール転送 芦田宏直
    ┣ 179 症状報告(24) ― 鹿児島・小平さんからの返信 メール転送 芦田宏直
    ┣ 181 症状報告(25) ― 退院後の検査 メール転送 芦田宏直
    ┣ 190 症状報告(26) ― また入院してしまいました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 191 症状報告(27) ― 感謝します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 192 症状報告(28) ― 先生と家内に呼ばれた メール転送 芦田宏直
    ┣ 194 症状報告(29) ― 多発性硬化症ではない? メール転送 芦田宏直
    ┣ 216 症状報告(30) ― 『免疫革命』の革命性 メール転送 芦田宏直
    ┣ 237 症状報告(31) ― 日赤は救急病院だった。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 238 症状報告(32) ― 突然の来客と東京女子医大への転院 by 芦田宏直
    ┣ 240 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 山田千果
    ┣ 241 返信: 家内が緊急入院しました(千果さんへの返信)。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 243 症状報告(33) ― 拾う神 メール転送 芦田宏直
    ┣ 244 症状報告(34) ― 16日に東京女子医大に転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 245 症状報告(35) ― 転院、無事終了 メール転送 芦田宏直
    ┣ 246 症状報告(36) ― 牡蠣フライはもう作らない メール転送 芦田宏直
    ┣ 248 返信: 症状報告(36) ― おいしい牡蠣フライの作り方 メール転送 芦田宏直
    ┣ 249 症状報告(37) ― フジテレビ跡地の公園 メール転送 芦田宏直
    ┣ 254 症状報告(38) ― 休むための大掃除 メール転送 芦田宏直
    ┣ 257 症状報告(39) ― お正月と紅白のその後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 258 症状報告(40) ― 母親が泣いていた メール転送 芦田宏直
    ┣ 259 症状報告(41) ― 「お見舞い」ではなくて、「看病」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 260 症状報告(42) ― 新治療方針 メール転送 芦田宏直
    ┣ 263 症状報告(43)  ― いちごは腐っている メール転送 芦田宏直
    ┣ 266 症状報告(44) ― 本当の「症状報告」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 267 症状報告(45) ― 帰ってきました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 268 症状報告(46) ― とりあえず、「合格」しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 269 症状報告(47) ― また帰ってきました(ナガシマは入院しましたが) メール転送 芦田宏直
    ┣ 280 症状報告(48) ― また再発しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 281 症状報告(49) ― 「また再発しました」続編 メール転送 芦田宏直
    ┣ 284 症状報告(50) ― 長嶋監督に会った。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 290 症状報告(51) − 明日、帰ってきます。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 301 症状報告(52) ― 退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 302 症状報告(53) ― こんな返信がありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 311 メール転送
    ┣ 317 症状報告(55) ― またパルス メール転送 芦田宏直
    ┣ 318 症状報告(56) ― 説明に誤りがありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 319 症状報告(57) ― 検査結果は「異常なし」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 320 症状報告(58) ― 「暗い」と言われた メール転送 芦田宏直
    ┣ 345 症状報告(59) ― またまた点滴 メール転送 芦田宏直
    ┣ 348 症状報告(60) ― まだ良く生き延びている メール転送 芦田宏直」
    ┣ 362 症状報告(62) ― 特技は難病 メール転送 芦田宏直
    ┣ 375 症状報告(63) ― 気分は高木ブー メール転送 芦田宏直
    ┣ 407 症状報告(64) ― 帰り道が危ない メール転送 芦田宏直
    ┣ 1053 症状報告(65) ― 退院後1年経ちました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1076 症状報告(66) ― 台風とキリスト教 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1115 症状報告(67) ― またまた再発、再入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1116 症状報告(68) ― 家内も私も元気です。 メール転送 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

238番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。