[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
147 4/30(水)
01:50:46
 症状報告(11) ― 分別ゴミの思想と治療の言葉  メール転送 芦田宏直  No.124  3464 

 
「分別ゴミ」という思想はいったいどこから来た思想なのだろうか。ゴミは分別できないからこそ〈ゴミ〉というのであって、分別できればもはや〈ゴミ〉ではない。それもあって、市町村(区)によっては、分別の“定義”も違うらしい。さもありなん。分別できなものを〈ゴミ〉というのだから。

ゴミを分別するなんて、犬のウンチを片づけながら散歩するのと同じくらいにばかげた行為だ(ウンチをかたづけるくらいなら犬をつれて散歩をしないほうがいい ― 犬のウンチを携帯しながら散歩をするというのは一種の近代的な病(やまい)だ。散歩はそもそも手ぶらでするものだ。荷物を持った上にそれもウンチというのは、不快きわまりない散歩であるに違いない)。あるいは、禁煙席を作るレストラン(高級レストラン)もナンセンスだ。たばこを吸ってもクリーンな空間を作るのがサービスというものだろうに、顧客側に禁煙を強いているのも奇妙な思想だ(もっとも私自身はたばこを吸わないが)。環境思想(エコロジー)とは反動的な科学主義なのだ。

だから、自炊一ヶ月の我が家では(http://www.ashida.info/jboard/read.cgi?num=135.124.4)、「分別」というものが何が何だかわからないまま捨て続けている(管理人様失礼!)。不燃、可燃というが、そもそも燃えないゴミなどというものがあるのだろうか。

それに、空き缶と牛乳のパックとペットボトルを分けるというのも腹が立つ。〈飲み物類〉とでもいう分類を作ってくれないと、袋ばかりが散乱して、足の踏み場もないキッチンになってしまう。大邸宅(少なくとも8畳以上はあるキッチンが必要)にでも住んでいない限り、こんな分別はむしろゴミ袋の山になってしまう。

もし分別を認めるとすれば、〈機能・目的〉や〈大きさ〉や〈ゴミが出る時間サイクル〉によって分けるべきであって、〈素材〉で分けることには何の意味もない。家庭の台所ゴミという〈消費〉の極限の地点に、素材という〈生産〉の極点が入り込んでいるために、〈分別ゴミ〉という概念は、精神分裂症的な心理を強いる。まるでゴミの社会主義のようなものだ。家庭ゴミにおける〈リサイクル〉なんて、どこまで経済的なのか、何も科学的に検証されてはいない。あやしい思想だ。

「分類は悪」だというのは、野口悠紀雄の『「超」整理法』(http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3aefc10412c880103cc4?aid=&bibid=02005719&volno=0000)の基本思想だった。

これは彼の“全”著作の中で唯一優れた思想だった。パソコンの中でも、フォルダ(=分類)を作りすぎると何をどこに入れたのかわからなくなる。それにWindowsOSの「検索」は未だに全く役に立たないいい加減なものだから、ファイル管理は自衛するしかない。私は、最近はデスクトップの中に「ファイル」というフォルダを作って、半年に一度くらいで古くなった(半年前よりさらに古い)ファイルだけ、「マイドキュメント」の中の10項目くらいに分類されたフォルダにしまい込むよう(「移動」するよう)にしている。

よく「情報整理術」と称して、「捨てる技術」(http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3aefc10412c880103cc4?aid=&bibid=00014820&volno=0000)を説く論者がいるが、バカなことを説くものだ。捨てる、捨てないの“分類”を、捨てる〈現在〉から判断することなど誰にもできない。人が捨てきれないのは、将来にわたって、それが不要かどうかを判断できないでいるからだ。それはもっともなことだ。引っ越しの荷物や物を整理する場合には、「捨てる技術」は必要だが、〈情報〉は物のようにかさばりはしない。

こんな奴、二度と会わないだろう、と思って捨てた名刺を一度ならず、二度三度と捜した経験は誰にでもあるだろう。情報整理の根幹の思想は、〈入力〉では差別しないということだ。どんなに頻度(や関心)の薄い相手の名刺でももらったら必ず(受け取った日時と共に)入力しておく。差別は〈出力〉側で行えばいい。出力側の差別を〈検索〉というのである。

〈現在〉の意味を決めるのは、〈未来〉なのであって、過去(からの累積)なのではない。捨てる、という思想は、〈過去〉の自分を捨てているように見えて、その逆、自分の〈未来〉を捨てているのである。

〈データベース〉や〈サーバー〉という概念は、無駄なもの、一生必要でないかもしれないものの集積を意味している。それは、どんな〈将来〉をも、〈現在〉の中に集約してしまおうという形而上学的な欲望に端を発している(だから、〈情報社会〉というのは新しい社会の登場でも何でもない。古くはプラトン、新しくはヘーゲルの欲望の世俗版だ)。「開いててよかった」というのは、コンビニ「セブンイレブン」の最初のキャッチコピーだったが、「在ってよかった」という検索の欲望は、将来と現在が“24時間”合致している願望の充足状態なのだ。人類のすべての欲望がデジャブー(既視状態)であるかのように機能するもの、それが〈データベース〉や〈サーバー〉という概念である。

〈データベース〉や〈サーバー〉は、〈分類〉というアナログ的な思想をとっくに越えている。〈分類〉は空間的だが、「空間の真理は時間」(ヘーゲル)であって、〈情報〉という概念は人が普通考えているよりははるかに時間的な概念なのである。

追伸:家内は元気ですが、退院(再退院)の期日決定が長引いています。再々入院にならないように慎重を期しているようですが(ステロイドがよく効いているのですが、家庭療養の時の治療(治療薬)をどの程度にするのか、なしですませることができるのかどうかがキーポイントだそうです)、退院はゴールデンウィークの中盤以降になる予定です。ちなみに、直接の担当医だった先生が、家内と同じ病気っぽい症状で(自分の勤務する病院に)入院してしまいました。研究好きの先生でしたから、ついに自分でも体験してしまったということでしょうか。心強いというか、なんというか … 。

彼と家内との関係は、なかなかのもので、彼は、家内にいつも厳密な言葉を要求してきました。(足が)「突っ張る」とか「しびれる」とか、そんな言葉ではなかなか納得しない先生で、「芦田さん、私はこの病気の専門家ですけれど、私自身は一度もこの病気になったことがない。だからあなたは、私に症状をきちんと言葉で話さなければならない」と言い続けた先生でした。なるほど立派な先生です。ついにしびれを切らして、自分自身で病気になってしまったのでしょうか。

私の家内の入院生活の観察では、「入院患者」というものは、なかなか本当のことを言わないらしい。不快になる薬などを大量に投薬されるのがいやで、症状をわざと軽く言って薬の適量を間違わせる場合も多い、とのこと。あるいは薬(不快な薬)を飲んだ振りをして、捨てている患者も多いらしい。そうなるといつまでたっても退院できない。

よく考えれば、どんな観察データ(MRI断層撮影などの)よりも、最も重要なのは、薬の効き具合や患部の痛み具合を患者が正確に医師に伝えることだろう。これこそが最も重要なデータ、治療上の指針なのだ。

F1レーサーの中嶋悟が、なぜ勝てなかったのかと言えば、彼が英語ができなかったことが大きな原因の一つらしい。それに比べれば、アイルトンセナの英語は抜群だったらしい。マシンセッティングの要は、機械的なデータ分析よりもレーサーが背中やお尻で感じるマシンの“症状”を、どうメカニックに伝えるかなのだ。言葉の足りないレーサーのチームは、コンマ何秒の世界での微妙なセッティングができない。片山右京、高木虎之助なんて見るからに英語が下手そうだ。これではいつまでたっても勝てない。F1は、サッカーよりは、はるかに言葉の世界なのである。

病院を早期に退院する最大の秘訣は、そのように〈言葉〉が鍵を握っている。生化学上の薬の前に、〈言葉〉が最大の薬なのである。

しかし病気になって急に言葉が大切だと言われても、急にはボキャブラリーは増えない。みなさん、健康なくせに日経やアエラごときを読んだくらいで満足していてはいけませんよ。初刷りで3000部以上も発行されているものは、すべてウソが書いてあるくらいに思っていてちょうどでしょう。


124 家内が緊急入院しました。 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 125 症状報告 メール転送 芦田宏直
    ┣ 128 症状報告(2) メール転送 芦田宏直
    ┣ 134 症状報告(3) メール転送 芦田宏直
    ┣ 135 症状報告(4) メール転送 芦田宏直
    ┣ 136 メール転送
    ┣ 137 症状報告(6) ― フライパンとフライパンカバー メール転送 芦田宏直
    ┣ 138 症状報告(7) ― 退院が決まりました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 139 症状報告(8) ― 自宅前の桜 メール転送 芦田宏直
    ┣ 140 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 岡村 和恵
    ┣ 144 症状報告(9)― 再入院しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 145 症状報告(10) ― この病こそ、気の病。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 147 症状報告(11) ― 分別ゴミの思想と治療の言葉 by 芦田宏直
    ┣ 148 症状報告(12) ― 料理、受付、再退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 149 症状報告(13) ― 仮退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 150 再入院!大変ですよね。 メール転送 岡村
    ┣ 152 メール転送
    ┣ 153 症状報告(14) ― 本日(14日)、退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 155 症状報告(15) ― 再々入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 157 症状報告(16) ― 再々入院その後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 159 症状報告(17) ― そして息子が倒れた メール転送 芦田宏直
    ┣ 162 症状報告(18) ― 〈人生〉を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 163 症状報告(18)補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 164 症状報告(18)続・補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 169 症状報告(19) ― 松阪牛騒動と食器洗い機 メール転送 芦田宏直
    ┣ 170 症状報告(20) ― 女子高生を許さない メール転送 芦田宏直
    ┣ 174 症状報告(21) ― 『サミット』と『さえき』 メール転送 芦田宏直
    ┣ 175 症状報告(22) ― 仮退院の三日間はスリリング メール転送 芦田宏直
    ┣ 177 症状報告(23) ― 鹿児島小平さんからのメール メール転送 芦田宏直
    ┣ 179 症状報告(24) ― 鹿児島・小平さんからの返信 メール転送 芦田宏直
    ┣ 181 症状報告(25) ― 退院後の検査 メール転送 芦田宏直
    ┣ 190 症状報告(26) ― また入院してしまいました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 191 症状報告(27) ― 感謝します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 192 症状報告(28) ― 先生と家内に呼ばれた メール転送 芦田宏直
    ┣ 194 症状報告(29) ― 多発性硬化症ではない? メール転送 芦田宏直
    ┣ 216 症状報告(30) ― 『免疫革命』の革命性 メール転送 芦田宏直
    ┣ 237 症状報告(31) ― 日赤は救急病院だった。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 238 症状報告(32) ― 突然の来客と東京女子医大への転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 240 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 山田千果
    ┣ 241 返信: 家内が緊急入院しました(千果さんへの返信)。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 243 症状報告(33) ― 拾う神 メール転送 芦田宏直
    ┣ 244 症状報告(34) ― 16日に東京女子医大に転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 245 症状報告(35) ― 転院、無事終了 メール転送 芦田宏直
    ┣ 246 症状報告(36) ― 牡蠣フライはもう作らない メール転送 芦田宏直
    ┣ 248 返信: 症状報告(36) ― おいしい牡蠣フライの作り方 メール転送 芦田宏直
    ┣ 249 症状報告(37) ― フジテレビ跡地の公園 メール転送 芦田宏直
    ┣ 254 症状報告(38) ― 休むための大掃除 メール転送 芦田宏直
    ┣ 257 症状報告(39) ― お正月と紅白のその後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 258 症状報告(40) ― 母親が泣いていた メール転送 芦田宏直
    ┣ 259 症状報告(41) ― 「お見舞い」ではなくて、「看病」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 260 症状報告(42) ― 新治療方針 メール転送 芦田宏直
    ┣ 263 症状報告(43)  ― いちごは腐っている メール転送 芦田宏直
    ┣ 266 症状報告(44) ― 本当の「症状報告」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 267 症状報告(45) ― 帰ってきました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 268 症状報告(46) ― とりあえず、「合格」しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 269 症状報告(47) ― また帰ってきました(ナガシマは入院しましたが) メール転送 芦田宏直
    ┣ 280 症状報告(48) ― また再発しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 281 症状報告(49) ― 「また再発しました」続編 メール転送 芦田宏直
    ┣ 284 症状報告(50) ― 長嶋監督に会った。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 290 症状報告(51) − 明日、帰ってきます。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 301 症状報告(52) ― 退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 302 症状報告(53) ― こんな返信がありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 311 メール転送
    ┣ 317 症状報告(55) ― またパルス メール転送 芦田宏直
    ┣ 318 症状報告(56) ― 説明に誤りがありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 319 症状報告(57) ― 検査結果は「異常なし」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 320 症状報告(58) ― 「暗い」と言われた メール転送 芦田宏直
    ┣ 345 症状報告(59) ― またまた点滴 メール転送 芦田宏直
    ┣ 348 症状報告(60) ― まだ良く生き延びている メール転送 芦田宏直」
    ┣ 362 症状報告(62) ― 特技は難病 メール転送 芦田宏直
    ┣ 375 症状報告(63) ― 気分は高木ブー メール転送 芦田宏直
    ┣ 407 症状報告(64) ― 帰り道が危ない メール転送 芦田宏直
    ┣ 1053 症状報告(65) ― 退院後1年経ちました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1076 症状報告(66) ― 台風とキリスト教 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1115 症状報告(67) ― またまた再発、再入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1116 症状報告(68) ― 家内も私も元気です。 メール転送 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

147番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。