[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
175 7/23(水)
00:04:45
 症状報告(22) ― 仮退院の三日間はスリリング  メール転送 芦田宏直  No.124  2796 

 
 家内は、18日金曜日の夕方から自宅に戻り、21日のお昼過ぎまで自宅療養の“訓練”のために仮退院していました。

 しかしまだまだ自宅療養という感じではないようにも見えます。一人でよちよちと歩けますが、まだ経口ステロイドがよく効いており、ときどき全身に突っ張るように電気が走ります(神経を蘇生させるような電気的な突っ張り)。それはいつおこるかわからないため、支えるものなしで立っているときに、それが起こると倒れるしかありません。膝も簡単に曲げることができませんからきれいに倒れることができません。倒れ方によっては、頭を打ったりしてむしろそちらの方が命取りになることもあり得ます。伝え歩きのできない状態では一人で行動しない方がよいのです。」

 帰ってきて、自宅マンションの隣にある『サンマルク』で食事をしようと彼女を一人でクルマから降ろし、私はサンマルクの駐車場にクルマを収めようとしたのですが、何やら彼女がサンマルクの入り口でうずくまっているのが(ちらっと)見えた。私は安全なところにクルマを止めるのに右往左往していたのだが、クルマを収めて彼女のそばに近寄ったら、一人で泣いていた。「私が倒れたの見えなかったの? 何で助けてくれなかったの? クルマの方が大事なの?」と泣いている。「だってクルマの方が値段が高いからな」なんて言ったら、とんでもないくらいに怒っていたから、大変。しびれの電気ショックが(座っていて突然立ったから)起こったらしい。そんな身体で、仮退院させる病院も病院だと思ったが、ステロイドは神経も過敏にするらしい。ここは我慢するしかない。私は、あなたが“無事”倒れたのを確認してからクルマを優先させた、という訳のわからない弁明をして、何とかその場を凌いだ。たしかに、一人で歩かせるのは危険なようだ。

 幸い、夏休みに入りますから、息子は家にいる場合が多くなるため(午前中は予備校)、自宅療養も可能かもしれませんが、誰も家にいない場合は、危険な自宅療養になります。息子と私が帰ってきたら、家内がテーブルの角で頭を打って倒れて死んでいた、という訳のわからない“ミステリー”になってしまうことさえあるということ。この場合の病因(死因)は、なかなか複雑です。

 経口ステロイドは、前月から最初は5ミリの錠剤を10錠からはじめ、8錠、6錠、5錠と減らしてきました(今は5ミリ×5錠です)。この段階ではリハビリとミエリンの炎症(http://www.so-net.ne.jp/medipro/nankodo/xforeign/nejm/abstracts/contents.cgi?346-03-0165.data)を治癒することとの“関係”がなかなか見定めが付かないのかもしれません。

 一度、神経が死んでしまってぶらぶらになった足を動かすという場合、神経の損傷自体を治癒することと足の筋肉自体を蘇生させることとの間には、どこまでの相関があるのか、それが私にはわからない(一番疑問なところだ)。たとえば、神経自体が仮に100%治癒しても、たぶんそれだけでは足は動くようにはならないだろう。かといって、いくらリハビリで筋肉系(運動系)を鍛えたからといって、そのことが作用して(反作用して)ミエリンの炎症が治まるとも思えない。ステロイド(によるしびれ)は、リハビリには邪魔だし、しかしミエリンの炎症を抑えないことには何も始まらない。結局は、もう少し時間がかかるということか。こういった病気の場合、何が自立的な要因なのかは見定めにくいということだ。

 しかし2人の生活が3人になったり、また2人に戻ったりするのは疲れる。2人と3人では食事の用意が全く異なる。分量が別次元になる。これが難しい。2人では、私の作る料理はいつも多すぎるが、その多さでは、3人になると今度は足りない。それに息子に食事を作るのはどうということもないが(私は今の息子と同じ高校3年生の時に父親が6ヶ月間入院し、中2の弟に食事を作り続けた経験があるが、それが今度は息子に同じことをしているという感じだ)、家内に食事を作るというのはなんだか素直にできない。家内が家に戻ってきても、当面は私が家事全体を担うことになるから、余計にそのことに素直になれない。日頃全く家事を手伝わなかったからか、どうも素直になれない。

 息子が母親のために働くのは(親孝行ということで)絵になるが、私が家内のために食事を作る、掃除をするというのはどう考えてもしっくりこない。よく保育園で愛想良く振る舞っている父親がいるが、そんなところで愛想を振りまくのなら、子供を保育園に預けなくてもよいような甲斐性をもった方がよい。私は6年間いつも保育園には敵意をもって通っていた(別に保母さんに敵意をもっていたわけではなく、自己敵意とでもいうものだった)。

 特に家内は軽快に歩けないということ以外には、まったく“健康”なので(電話で話すかぎりは、誰も“病人”には思えず他人からは「元気そう」で済んでいる)、看病するという気になれない。本人もそのことを気遣って、「私って邪魔?」と何度もこの3日間私に聞いてきた。答えるのも面倒くさい。今週の26日土曜日は、息子の18歳の誕生日(私と家内が獅子座と射手座なので、わざわざ超計画的に獅子座の子供を作ろうとしたが、危うくその手前の蟹座で生まれそうになったので、「蟹座だといじめられるよ」とささやき続けたら26日を待って生まれてきた)。本当はそれを祝うつもりで退院を予定していたが、先のような理由で月末一杯病院にいた方がいいかもしれない。でもまた週末は仮退院で息子の誕生日を祝いたがっている。私は、先の3連休で家内に付きっきり。おかげで持病の外耳炎が久しぶりに発症した。こんなこと書いたらまた怒られそう。


124 家内が緊急入院しました。 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 125 症状報告 メール転送 芦田宏直
    ┣ 128 症状報告(2) メール転送 芦田宏直
    ┣ 134 症状報告(3) メール転送 芦田宏直
    ┣ 135 症状報告(4) メール転送 芦田宏直
    ┣ 136 メール転送
    ┣ 137 症状報告(6) ― フライパンとフライパンカバー メール転送 芦田宏直
    ┣ 138 症状報告(7) ― 退院が決まりました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 139 症状報告(8) ― 自宅前の桜 メール転送 芦田宏直
    ┣ 140 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 岡村 和恵
    ┣ 144 症状報告(9)― 再入院しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 145 症状報告(10) ― この病こそ、気の病。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 147 症状報告(11) ― 分別ゴミの思想と治療の言葉 メール転送 芦田宏直
    ┣ 148 症状報告(12) ― 料理、受付、再退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 149 症状報告(13) ― 仮退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 150 再入院!大変ですよね。 メール転送 岡村
    ┣ 152 メール転送
    ┣ 153 症状報告(14) ― 本日(14日)、退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 155 症状報告(15) ― 再々入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 157 症状報告(16) ― 再々入院その後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 159 症状報告(17) ― そして息子が倒れた メール転送 芦田宏直
    ┣ 162 症状報告(18) ― 〈人生〉を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 163 症状報告(18)補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 164 症状報告(18)続・補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 169 症状報告(19) ― 松阪牛騒動と食器洗い機 メール転送 芦田宏直
    ┣ 170 症状報告(20) ― 女子高生を許さない メール転送 芦田宏直
    ┣ 174 症状報告(21) ― 『サミット』と『さえき』 メール転送 芦田宏直
    ┣ 175 症状報告(22) ― 仮退院の三日間はスリリング by 芦田宏直
    ┣ 177 症状報告(23) ― 鹿児島小平さんからのメール メール転送 芦田宏直
    ┣ 179 症状報告(24) ― 鹿児島・小平さんからの返信 メール転送 芦田宏直
    ┣ 181 症状報告(25) ― 退院後の検査 メール転送 芦田宏直
    ┣ 190 症状報告(26) ― また入院してしまいました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 191 症状報告(27) ― 感謝します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 192 症状報告(28) ― 先生と家内に呼ばれた メール転送 芦田宏直
    ┣ 194 症状報告(29) ― 多発性硬化症ではない? メール転送 芦田宏直
    ┣ 216 症状報告(30) ― 『免疫革命』の革命性 メール転送 芦田宏直
    ┣ 237 症状報告(31) ― 日赤は救急病院だった。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 238 症状報告(32) ― 突然の来客と東京女子医大への転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 240 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 山田千果
    ┣ 241 返信: 家内が緊急入院しました(千果さんへの返信)。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 243 症状報告(33) ― 拾う神 メール転送 芦田宏直
    ┣ 244 症状報告(34) ― 16日に東京女子医大に転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 245 症状報告(35) ― 転院、無事終了 メール転送 芦田宏直
    ┣ 246 症状報告(36) ― 牡蠣フライはもう作らない メール転送 芦田宏直
    ┣ 248 返信: 症状報告(36) ― おいしい牡蠣フライの作り方 メール転送 芦田宏直
    ┣ 249 症状報告(37) ― フジテレビ跡地の公園 メール転送 芦田宏直
    ┣ 254 症状報告(38) ― 休むための大掃除 メール転送 芦田宏直
    ┣ 257 症状報告(39) ― お正月と紅白のその後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 258 症状報告(40) ― 母親が泣いていた メール転送 芦田宏直
    ┣ 259 症状報告(41) ― 「お見舞い」ではなくて、「看病」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 260 症状報告(42) ― 新治療方針 メール転送 芦田宏直
    ┣ 263 症状報告(43)  ― いちごは腐っている メール転送 芦田宏直
    ┣ 266 症状報告(44) ― 本当の「症状報告」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 267 症状報告(45) ― 帰ってきました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 268 症状報告(46) ― とりあえず、「合格」しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 269 症状報告(47) ― また帰ってきました(ナガシマは入院しましたが) メール転送 芦田宏直
    ┣ 280 症状報告(48) ― また再発しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 281 症状報告(49) ― 「また再発しました」続編 メール転送 芦田宏直
    ┣ 284 症状報告(50) ― 長嶋監督に会った。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 290 症状報告(51) − 明日、帰ってきます。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 301 症状報告(52) ― 退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 302 症状報告(53) ― こんな返信がありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 311 メール転送
    ┣ 317 症状報告(55) ― またパルス メール転送 芦田宏直
    ┣ 318 症状報告(56) ― 説明に誤りがありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 319 症状報告(57) ― 検査結果は「異常なし」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 320 症状報告(58) ― 「暗い」と言われた メール転送 芦田宏直
    ┣ 345 症状報告(59) ― またまた点滴 メール転送 芦田宏直
    ┣ 348 症状報告(60) ― まだ良く生き延びている メール転送 芦田宏直」
    ┣ 362 症状報告(62) ― 特技は難病 メール転送 芦田宏直
    ┣ 375 症状報告(63) ― 気分は高木ブー メール転送 芦田宏直
    ┣ 407 症状報告(64) ― 帰り道が危ない メール転送 芦田宏直
    ┣ 1053 症状報告(65) ― 退院後1年経ちました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1076 症状報告(66) ― 台風とキリスト教 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1115 症状報告(67) ― またまた再発、再入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1116 症状報告(68) ― 家内も私も元気です。 メール転送 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

175番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。