[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
134 3/23(日)
22:16:21
 症状報告(3)  メール転送 芦田宏直  No.124  3799 

 
やはり1週間くらいでは退院は無理だったが(春休み中は病院暮らしかもしれない)、家内はやっと自分で立てるようになってきた(昨日は車椅子を自ら押しながら歩いていたが、今日は車椅子なしに自立的に歩けるようになったらしい)。生命力というのは大変なものだ。病名もやっと特定できたようだ。やはり免疫異常による「多発性硬化症」だった(でも私には3年前の病気との関連が未だにわからないhttp://www.ashida.info/trees/trees.cgi?log=&search=%90%b6%8a%88%8b%ea&mode=and&v=322&e=msg&lp=322&st=0)。ヨーロッパではそれほど珍しい病気ではないらしい。「厚生労働省」から「難病」扱いされているが、先生は「直しますし、直ります」と言ってくれる。後者の「直ります」という言葉がいい。でも、この病気は「芦田さんのように聡明な方に多いんです」と根拠のないことも言うから、あやしいことはあやしいが。この先生は、学究肌の先生でいつも早朝は髪が立っている。話し始めると1時間、2時間、病気について話してくれるらしい。テラハウスで言えば、芦沢(兄)先生のような感じ。だからヘンな先生だ。そんな先生が「聡明な方 … 」と似合いもしない冗談を言うから余計におかしい。でも髪型にこだわる先生よりははるかにましかもしれない。

免疫異常というのは不思議なものだ。女性の免疫性で一番不思議なのは、受精から出産までの経過だ。胎内の子供は彼女にとって他者(異物)だが、彼女の免疫機能は、そのとき、そう認識しない。〈出産〉とは、その他者を他者として認識することの結果に過ぎない。出産は免役機能の一つに過ぎない。だから、受精から出産までの経緯は女性の微妙な免疫バランスの中で生じている。女性の「多発性硬化症」が男性の2倍もあるというのは、そのためだろう。

むかし免疫学者の多田富雄が書いた『免疫の意味論』(http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3aefc10412c880103cc4?aid=&bibid=00944722&volno=0000)がちょっとしたブームになったことがあった。この著作の最大の錯誤は、免疫的な同一性と他者(異物)性という概念(生物的な概念)を、自己性と他者性 ― 彼は「自己」と「非自己」という言い方をする ― という哲学的・思想的な概念と同列に扱ったことにある。免疫的な同一性と他者と、哲学的な自己と他者との違いは、前者は機能的な差異に過ぎないが、自己や他者は(断じて)機能ではないということだ。〈自己〉という哲学的に長い歴史と研鑽を積んだ概念に、多田は単に無知なだけである。こういった研究者を“お調子者”と言う。

それは、単に経営学的な(凡庸な)組織論にすぎないものを似非哲学的な組織論を駆使して語ろうとする一橋大学(http://www.ashida.info/jboard/read.cgi?num=92)の野中郁次郎(http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_result_book.cgi/3aefc10412c880103cc4?aid=&kywd=%CC%EE%C3%E6%B0%EA%BC%A1%CF%BA&ti=&ol=&au=&pb=&pby=&pbrg=2&isbn=&age=&idx=2&gu=&st=&srch=1&s1=za&dp=)の錯誤と同じものだ。そもそも「知識マネージメント」なんて、グループウエアが常識の時代においてはフツーのことだ(彼はパソコンができない)。KJ法がワープロの出現においてもはやそれとしては意味がなくなったように(http://www.ashida.info/jboard/read.cgi?num=30)、「知識マネージメント」もネットワーク時代のパソコンにおいては意味がなくなっている。それに気づいていないのは野中(野中一派)だけだ。どちらの“学者”もそれぞれの専門分野の研究者からはまともに相手にされていない、できそこないの研究者に過ぎない。専門的でない研究者はすぐに哲学や社会論に頭を突っ込みがちになる。困ったことだ。

研究者というのは、まともな研究者であれば、他分野の概念を使ったりはしないし、他分野の話題に入り込みもしない。最近、イラク問題でいろいろな研究者がテレビに呼ばれて話し続けているが、テレビに出ている大学人があやしいのは、テレビでは突然専門外のことについて質問されたりすることがあり、それについて応えなければならない場面が多々あるからだ。結局、常識をなぞっただけの事しか言えなくなっていく。久米宏(http://www.oto.co.jp/otokumehiro.html)や田原総一朗(http://www.mmbc.jp/mmbc/kolam/pulo/tahala.html)の振りに「したがって」とか「それゆえ」というような書き言葉で(西尾幹二http://nitiroku.hp.infoseek.co.jp/ のように)対応しているかぎりは、テレビの〈現在〉 ― というかテレビの本質は〈現在〉にしかない ― に応えきることができない。〈専門性〉とは、時間制で言えば、かぎりなく過去と蓄積と用意であって、拡散する〈現在〉には決して馴染まないものなのだ。

だから本来の大学人は、テレビには向いていない。ただ黙々と自分の専門分野のことについて(誰にもわからないテクニカルタームで)語り続けるか、それとも沈黙し続けるかのいずれかであるからだ。他人がわからないことをしゃべる、あるいは沈黙するというのは実は大変なことなのだ。それが大学人の誠実というものだ。こんなことが通俗的なおしゃべりをし続けるジャーナリズムに合うわけがない。だから、テレビに出る大学人はもはや専門家ではない。テレビに出るくらいなら、専門分野の穴蔵の中に一生閉じこもっていたほうがいい。

ところで、江畑謙介(http://www.namiki-shobo.co.jp/html01/kiko019.html)はいつ寝ているのだろう。NHKにずーっと出続けている。それに髪の毛が10年前の湾岸戦争と時よりも増えている。ロゲイン(http://www.456.com/rogaine2/)が効いたのかもしれない。アメリカの軍事戦術の成長よりは、江畑謙介の髪の毛の成長の方がはるかに大きい。


124 家内が緊急入院しました。 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 125 症状報告 メール転送 芦田宏直
    ┣ 128 症状報告(2) メール転送 芦田宏直
    ┣ 134 症状報告(3) by 芦田宏直
    ┣ 135 症状報告(4) メール転送 芦田宏直
    ┣ 136 メール転送
    ┣ 137 症状報告(6) ― フライパンとフライパンカバー メール転送 芦田宏直
    ┣ 138 症状報告(7) ― 退院が決まりました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 139 症状報告(8) ― 自宅前の桜 メール転送 芦田宏直
    ┣ 140 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 岡村 和恵
    ┣ 144 症状報告(9)― 再入院しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 145 症状報告(10) ― この病こそ、気の病。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 147 症状報告(11) ― 分別ゴミの思想と治療の言葉 メール転送 芦田宏直
    ┣ 148 症状報告(12) ― 料理、受付、再退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 149 症状報告(13) ― 仮退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 150 再入院!大変ですよね。 メール転送 岡村
    ┣ 152 メール転送
    ┣ 153 症状報告(14) ― 本日(14日)、退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 155 症状報告(15) ― 再々入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 157 症状報告(16) ― 再々入院その後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 159 症状報告(17) ― そして息子が倒れた メール転送 芦田宏直
    ┣ 162 症状報告(18) ― 〈人生〉を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 163 症状報告(18)補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 164 症状報告(18)続・補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 169 症状報告(19) ― 松阪牛騒動と食器洗い機 メール転送 芦田宏直
    ┣ 170 症状報告(20) ― 女子高生を許さない メール転送 芦田宏直
    ┣ 174 症状報告(21) ― 『サミット』と『さえき』 メール転送 芦田宏直
    ┣ 175 症状報告(22) ― 仮退院の三日間はスリリング メール転送 芦田宏直
    ┣ 177 症状報告(23) ― 鹿児島小平さんからのメール メール転送 芦田宏直
    ┣ 179 症状報告(24) ― 鹿児島・小平さんからの返信 メール転送 芦田宏直
    ┣ 181 症状報告(25) ― 退院後の検査 メール転送 芦田宏直
    ┣ 190 症状報告(26) ― また入院してしまいました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 191 症状報告(27) ― 感謝します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 192 症状報告(28) ― 先生と家内に呼ばれた メール転送 芦田宏直
    ┣ 194 症状報告(29) ― 多発性硬化症ではない? メール転送 芦田宏直
    ┣ 216 症状報告(30) ― 『免疫革命』の革命性 メール転送 芦田宏直
    ┣ 237 症状報告(31) ― 日赤は救急病院だった。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 238 症状報告(32) ― 突然の来客と東京女子医大への転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 240 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 山田千果
    ┣ 241 返信: 家内が緊急入院しました(千果さんへの返信)。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 243 症状報告(33) ― 拾う神 メール転送 芦田宏直
    ┣ 244 症状報告(34) ― 16日に東京女子医大に転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 245 症状報告(35) ― 転院、無事終了 メール転送 芦田宏直
    ┣ 246 症状報告(36) ― 牡蠣フライはもう作らない メール転送 芦田宏直
    ┣ 248 返信: 症状報告(36) ― おいしい牡蠣フライの作り方 メール転送 芦田宏直
    ┣ 249 症状報告(37) ― フジテレビ跡地の公園 メール転送 芦田宏直
    ┣ 254 症状報告(38) ― 休むための大掃除 メール転送 芦田宏直
    ┣ 257 症状報告(39) ― お正月と紅白のその後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 258 症状報告(40) ― 母親が泣いていた メール転送 芦田宏直
    ┣ 259 症状報告(41) ― 「お見舞い」ではなくて、「看病」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 260 症状報告(42) ― 新治療方針 メール転送 芦田宏直
    ┣ 263 症状報告(43)  ― いちごは腐っている メール転送 芦田宏直
    ┣ 266 症状報告(44) ― 本当の「症状報告」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 267 症状報告(45) ― 帰ってきました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 268 症状報告(46) ― とりあえず、「合格」しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 269 症状報告(47) ― また帰ってきました(ナガシマは入院しましたが) メール転送 芦田宏直
    ┣ 280 症状報告(48) ― また再発しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 281 症状報告(49) ― 「また再発しました」続編 メール転送 芦田宏直
    ┣ 284 症状報告(50) ― 長嶋監督に会った。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 290 症状報告(51) − 明日、帰ってきます。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 301 症状報告(52) ― 退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 302 症状報告(53) ― こんな返信がありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 311 メール転送
    ┣ 317 症状報告(55) ― またパルス メール転送 芦田宏直
    ┣ 318 症状報告(56) ― 説明に誤りがありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 319 症状報告(57) ― 検査結果は「異常なし」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 320 症状報告(58) ― 「暗い」と言われた メール転送 芦田宏直
    ┣ 345 症状報告(59) ― またまた点滴 メール転送 芦田宏直
    ┣ 348 症状報告(60) ― まだ良く生き延びている メール転送 芦田宏直」
    ┣ 362 症状報告(62) ― 特技は難病 メール転送 芦田宏直
    ┣ 375 症状報告(63) ― 気分は高木ブー メール転送 芦田宏直
    ┣ 407 症状報告(64) ― 帰り道が危ない メール転送 芦田宏直
    ┣ 1053 症状報告(65) ― 退院後1年経ちました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1076 症状報告(66) ― 台風とキリスト教 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1115 症状報告(67) ― またまた再発、再入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1116 症状報告(68) ― 家内も私も元気です。 メール転送 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

134番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。