[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
181 8/15(金)
23:54:56
 症状報告(25) ― 退院後の検査  メール転送 芦田宏直  No.124  3905 

 
 今日は、朝から16:00過ぎまで、家内の退院後検査に付き合った。何しろ、自分で長い距離を歩けないから(長いと言ってもまだ5メートルも歩けない)、私が付き合うしかない。彼女よりも大切にしているクルマなしには、こんな付き合いはしない。

 私の車の特徴は、とにもかくにも、エンジンにある。エンジン性能と言えば、普通、高速走行性能を意味するが、それは半分ウソ。病人を乗せて低速で走っていても高性能エンジンはそれらしい“性能”を発揮する。信号の短い区間でアクセルを踏んで、またペダルから離して、を繰り返す場合、ペダルのon,offにこまめにクルマの動きが反応する。エンジンのダメなクルマは、1速、2速のローギアでも(アクセルoffにしても)クルマが減速せず“転がる”。最悪のエンジンを使った耕耘機などは、(アクセルoffにしても)ほんとうにいつ止まるかと思うくらいに回りっぱなしだ。

 エンジンの各パーツ(ピストン、コンロッド、バルブなどhttp://homepage2.nifty.com/vatabo/yougo0a.html)が回転や作動と関係のない過剰な自重をもっていたり、偏重したりしていると一度回り始めたエンジンはアクセルのon,offに関係なく回り続ける、という傾向(まさに惰性)を持ってしまう。軽々と回転が上がる高性能エンジンは、したがって回転落ちも早い。ブレーキを使わなくても、アクセルのon,offでクルマをコントロールできる。高性能エンジンのクルマは、高速道路だけではなく、街中でも、病院へ連れて行くときも楽しいのです。みなさんもクルマを試乗するときは、アクセルoffでどの程度クルマに制動がかかるかためしてみましょう。

 ほとんどのクルマは、何事もなかったかのように転がる。これは危険だ。クルマは(トラクションhttp://www4.justnet.ne.jp/~makoti/enginer00-10.htmがかからずに)転がっているときが一番挙動が不安定なときなのですから。特に燃費性能を稼ぐためにハイギヤードになっているクルマは、回転落ちの悪さがそれに加わって、高速走行ではサイテーの挙動を示します。エンジンはアクセルonのときよりも、アクセルoffの時の方が、その特性を理解しやすいと言えます。ちょっと自分の車で試してみてください。

 今日の家内の検査は、久々のMRI検査。パルスの4クール目に採った断層撮影(約二ヶ月前)よりもはるかにクリアになっていて(そのときでも数値的には問題がないと言われていたのだが)、脊髄の中にほとんど白い影がなくなっていた(ミエリンの炎症が治まっているということだ)。そのあとのリハビリも順調だったが、入院中の患者が(毎日の院内リハビリで)、家内が退院するときよりもはるかに動けるようになっていて、ショックだったようだ。自宅療養でのリハビリにはやはり限界がある(私が手伝わないのも原因だが)。

 経口ステロイドは確実に効いているのだろう。しかし一日に何度も胸から下をおそってくる“ビリビリ”が相当のものらしい。車椅子で移動しているときにも、「止めて」というくらいだ。この“ビリビリ”がなければ、歩行練習はもっと容易になるのだが、動き始めるとこの“ビリビリ”がはじまるため、なかなかリハビリもはかどらない。しかし、“ビリビリ”の回数も徐々に減り始めている。経口ステロイドも3錠にまで減ってきた。いいことだ。

 病院は、いつも満員だ。家内の担当部署は、神経内科だが、この受付には10人前後の女性がいるにもかかわらずまともな対応ができる受付は一人しかいなかった(2時間何もせずに見ていたから間違いはない)。毎日何十人と、よく読めばわかることを訊ねてきたり、自分勝手なことを要求したり、やけに慣れ親しくされたりすると、自分自身の根性も曲がってしまうのかもしれない。対応は対応の客に似るのである。絶対に間違っている、などという客を相手にする商売などしない方がいいのかもしれない。たしかに2時間の私の観察では、まともな来訪者は一人もいなかった。

 家内のリハビリに対応する「理学療法士」という仕事も大変な仕事だ。まともに立てない、歩けないという人たちを起こしたり、抱えて立たせたりしながら、歩けるようにする、という仕事だ。相手は、受付以上にみんな病人だから、まっさきに心の病人たちばかり。私が見学した限り、ここでの病人は、猜疑心が強いか、気が小さい(臆病)か、わがままかのいずれかだ。こんな仕事をしていると〈人間〉を好きになるのだろうか、嫌いになるのだろうか。

 ここの様子を見ていると、21世紀は〈人間〉の世紀だと思った。DNAやバイオテクノロジーによる生命の工業化とは関係のない、IT化が及ばない領域がここにはある。21世紀はその意味で、医療と教育の時代のような気がする。

 ところで、家内の担当の若い美しい「理学療法士」Sさんによれば、糖尿病をなめてはいけないらしい。ガンは(今となっては)治るが、糖尿病ほど癖の悪い病気はないらしい。みなさん、小便に泡が出るようになったときは、要注意ですよ。


124 家内が緊急入院しました。 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 125 症状報告 メール転送 芦田宏直
    ┣ 128 症状報告(2) メール転送 芦田宏直
    ┣ 134 症状報告(3) メール転送 芦田宏直
    ┣ 135 症状報告(4) メール転送 芦田宏直
    ┣ 136 メール転送
    ┣ 137 症状報告(6) ― フライパンとフライパンカバー メール転送 芦田宏直
    ┣ 138 症状報告(7) ― 退院が決まりました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 139 症状報告(8) ― 自宅前の桜 メール転送 芦田宏直
    ┣ 140 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 岡村 和恵
    ┣ 144 症状報告(9)― 再入院しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 145 症状報告(10) ― この病こそ、気の病。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 147 症状報告(11) ― 分別ゴミの思想と治療の言葉 メール転送 芦田宏直
    ┣ 148 症状報告(12) ― 料理、受付、再退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 149 症状報告(13) ― 仮退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 150 再入院!大変ですよね。 メール転送 岡村
    ┣ 152 メール転送
    ┣ 153 症状報告(14) ― 本日(14日)、退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 155 症状報告(15) ― 再々入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 157 症状報告(16) ― 再々入院その後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 159 症状報告(17) ― そして息子が倒れた メール転送 芦田宏直
    ┣ 162 症状報告(18) ― 〈人生〉を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 163 症状報告(18)補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 164 症状報告(18)続・補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 169 症状報告(19) ― 松阪牛騒動と食器洗い機 メール転送 芦田宏直
    ┣ 170 症状報告(20) ― 女子高生を許さない メール転送 芦田宏直
    ┣ 174 症状報告(21) ― 『サミット』と『さえき』 メール転送 芦田宏直
    ┣ 175 症状報告(22) ― 仮退院の三日間はスリリング メール転送 芦田宏直
    ┣ 177 症状報告(23) ― 鹿児島小平さんからのメール メール転送 芦田宏直
    ┣ 179 症状報告(24) ― 鹿児島・小平さんからの返信 メール転送 芦田宏直
    ┣ 181 症状報告(25) ― 退院後の検査 by 芦田宏直
    ┣ 190 症状報告(26) ― また入院してしまいました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 191 症状報告(27) ― 感謝します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 192 症状報告(28) ― 先生と家内に呼ばれた メール転送 芦田宏直
    ┣ 194 症状報告(29) ― 多発性硬化症ではない? メール転送 芦田宏直
    ┣ 216 症状報告(30) ― 『免疫革命』の革命性 メール転送 芦田宏直
    ┣ 237 症状報告(31) ― 日赤は救急病院だった。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 238 症状報告(32) ― 突然の来客と東京女子医大への転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 240 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 山田千果
    ┣ 241 返信: 家内が緊急入院しました(千果さんへの返信)。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 243 症状報告(33) ― 拾う神 メール転送 芦田宏直
    ┣ 244 症状報告(34) ― 16日に東京女子医大に転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 245 症状報告(35) ― 転院、無事終了 メール転送 芦田宏直
    ┣ 246 症状報告(36) ― 牡蠣フライはもう作らない メール転送 芦田宏直
    ┣ 248 返信: 症状報告(36) ― おいしい牡蠣フライの作り方 メール転送 芦田宏直
    ┣ 249 症状報告(37) ― フジテレビ跡地の公園 メール転送 芦田宏直
    ┣ 254 症状報告(38) ― 休むための大掃除 メール転送 芦田宏直
    ┣ 257 症状報告(39) ― お正月と紅白のその後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 258 症状報告(40) ― 母親が泣いていた メール転送 芦田宏直
    ┣ 259 症状報告(41) ― 「お見舞い」ではなくて、「看病」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 260 症状報告(42) ― 新治療方針 メール転送 芦田宏直
    ┣ 263 症状報告(43)  ― いちごは腐っている メール転送 芦田宏直
    ┣ 266 症状報告(44) ― 本当の「症状報告」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 267 症状報告(45) ― 帰ってきました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 268 症状報告(46) ― とりあえず、「合格」しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 269 症状報告(47) ― また帰ってきました(ナガシマは入院しましたが) メール転送 芦田宏直
    ┣ 280 症状報告(48) ― また再発しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 281 症状報告(49) ― 「また再発しました」続編 メール転送 芦田宏直
    ┣ 284 症状報告(50) ― 長嶋監督に会った。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 290 症状報告(51) − 明日、帰ってきます。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 301 症状報告(52) ― 退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 302 症状報告(53) ― こんな返信がありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 311 メール転送
    ┣ 317 症状報告(55) ― またパルス メール転送 芦田宏直
    ┣ 318 症状報告(56) ― 説明に誤りがありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 319 症状報告(57) ― 検査結果は「異常なし」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 320 症状報告(58) ― 「暗い」と言われた メール転送 芦田宏直
    ┣ 345 症状報告(59) ― またまた点滴 メール転送 芦田宏直
    ┣ 348 症状報告(60) ― まだ良く生き延びている メール転送 芦田宏直」
    ┣ 362 症状報告(62) ― 特技は難病 メール転送 芦田宏直
    ┣ 375 症状報告(63) ― 気分は高木ブー メール転送 芦田宏直
    ┣ 407 症状報告(64) ― 帰り道が危ない メール転送 芦田宏直
    ┣ 1053 症状報告(65) ― 退院後1年経ちました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1076 症状報告(66) ― 台風とキリスト教 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1115 症状報告(67) ― またまた再発、再入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1116 症状報告(68) ― 家内も私も元気です。 メール転送 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

181番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。