[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
190 9/7(日)
22:34:24
 症状報告(26) ― また入院してしまいました。  メール転送 芦田宏直  No.124  2949 

 
 また入院してしまいました。50歳も直前にして、2回も3回も入退院を繰り返していれば、もうとっくに死んでしまっているところでしょうが、この病気の「多発性」というところが、やっとわかってきたということでしょうか。

 8月の初旬に戻ってきて、約一ヶ月間は自宅にいましたから、その最中にも「(自宅療養の)新記録樹立だな」と冗談を言っていたところです(本人は「やめてよ、もう二度と病院には戻りたくない」と言っていましたが)。

 先週の月曜日(9月1日)くらいから、「右足の指が動きにくい」ということと「睡眠が充分に取れない」という“症状”が続いて、3日(水曜日)の病院検診(前々から決まっていた)に行って、主治医の武田先生にその症状を伝えたのですが、「体力が落ちているのかもしれないから、様子を見ましょう」と先生の弁。自宅に戻ったのですが、眠れない。ますます指先が動かなくなっていくのが感じ取れて、こりゃまずい、ということになり、夜9:00頃、病院に電話。丁度主治医の武田先生がおられて、「それでは明日の朝、検査しましょう」とのこと。しかし「明日の朝」では、動かないところが拡大している可能性があるし、全く動かなくなったら移動も困難になる。もう一度電話して、今夜中の入院をお願いした。「それじゃ、待ってますから来なさい」ということになり、夜10:00過ぎに(入院の準備を取りあえずすませて)救急外来に飛び込んだ。まだ少し足は動いていた。

 すぐに、点滴ステロイドを開始。ほぼ二ヶ月ぶりの点滴ステロイドだ。早速の入院手続き。もうこの手続きはなれっこのようなものだ。広尾の夜の病院は、それはそれでにぎわっている。何となく、色々なドラマが在りそうな人たちばかりだ。

 どうもこの病気、体力管理が鍵のようだ。8月初旬に彼女が戻ってきて、少しずつ体調に合わせて動いており、食事の用意なども最初はサラダ作りにとどまっていたが、“欲”が出てきて、私が会議などで遅くなるときには、息子の食事をまかなっていた。あとは、洗濯は室内干しにとどまっていたが、彼女がすべてやっていた。この程度のことでも結構大変だったらしい(今となっては)。それに室内の移動でもつたえ歩き自体も大変だったらしい(今となっては)。室内用の車椅子も必要だったのかな(今となっては)。HONDAのASIMOよりもよちよち歩きだったからそうなのでしょう。

 いずれにしても体力の絶対値が異様に低いため(これは私には実際想像できないが)、家事仕事全般は、彼女が居ないものと思って従来通り100%私と息子でやるしかなかったということか(これも今となっては、のことだが)。自宅に家内が居ると私も安心してしまって、ついつい帰宅が遅くなりがちだった(これも反省)。

 自宅では、日頃自分(家内)がやっていたことが具体的にイメージできるため、あれもやりたい、これもやりたいの連続なのだろう。それに私や息子がその代わりのことをやっていると、不憫になり余計に自分が動きたくなる。この繰り返しだ。やりたいことが色々と浮かぶため、こちらの(私と息子の)ペースと合わないこともある。「うるさいな」と言ってしまう(「うるさいな、私がやるんだから黙っていてよ」「ごめんなさい」というやりとりの繰り返し)。勉強のペースを親につつかれて「わかっているよ」とふてくされる息子に似ている。病人を抱える家族は、時間が一様に流れないため、つまらないことで“ケチが付く”。病人に合わせるしかないのだが、その様子を見ながら病人の方が無理をする。これも悪循環だ。

 もう一つ思い当たるのは、全身を襲うあのビリビリとした突っ張り感についてだが、最初は経口ステロイドの副作用のようなもの、と考えていたが、そうではなくて単に病気の症状であって、むしろ経口ステロイドが効いていなかったと考えたほうがいい(と私は思う)。日に何度も全身を襲う突っ張りはそれ自体、かなり体力を消耗させていた。点滴ステロイドの時には、そんな症状はあまり出ていなかったのだから、やはりこの突っ張りも今回の再入院の原因と考えたほうがいい。8月の退院の一ヶ月前から経口ステロイドに変え、8月中旬から錠数を徐々に減らして来ても、突っ張りは減らなかったという意味でも、突っ張りは病気そのものの症状だったと言える。

 今回の入院は、私の見立てでは、徹底して点滴ステロイド(=パルス)治療すべきだ。体力を消耗させるしびれや突っ張りが完全になくなるまで、退院(=自宅療養)を想定した経口ステロイドはやめたほうがいい。そもそも自分で通院できない退院なんてほとんど意味がない。私もそのために週一日がつぶれてしまう。

 ふたたび(みたび)、私と息子の二人暮らしが始まったが、息子は受験勉強(大学受験)の真っ最中。やけに緊張感のある我が家の2003年度だ。

 20年ほど前に読んだ、E・キューブラー・ロスの『死ぬ瞬間』(読売新聞社)を思い出す。死に直面した人間(たとえば代表的にはガン患者)の態度の取り方を、彼は、推移的な5段階に分類していた。@否認(私がガンになるなんてあり得ない!) A怒り(なぜ他でもない私がガンになるのか!) B取り引き(神様何でもしますから助けてください) C抑鬱(文字通り抑鬱) D受容(文字通り受容)

 この5段階を彼は“病人”に特定し、時間的な(推移的な)経緯のように描いていたが(それがこの本の著者の限界だが)、われわれのあらゆる事件(出来事)に対する態度の取り方がここには記述されている。たとえば、失業者の、その受容を考えてもそうであることがわかる。重要なことはロスの言う「受容」なしには、本来の希望は生まれないということだ。どんな出来事も、否認や怒り、取引や抑鬱の中で見据えている限り、次の希望は生まれない。逆に言えば、出来事を「受容」することほど難しいことはない。大概の人間は、否認や怒り、取引や抑鬱の段階にとどまり、先の希望を見いだせないままに終わる。

 大病の家内が自分の“身体”や“人生”の「受容」に苦闘しているのはもちろんのことだが、この家族の出来事における私や息子もまた同じように「受容」をめぐって苦闘している。それは、しかし特別なことではない。大概な場合、人は「受容」の手前で、日々の出来事をつかみ損ねているのだ。大概な場合、人は「受容」の手前で、おおげさに騒ぎ立てる。そうであれば、日々騒ぎ立てるべきなのだ。些細なことの中にも大きな亀裂はいつも存在しているのである。


124 家内が緊急入院しました。 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 125 症状報告 メール転送 芦田宏直
    ┣ 128 症状報告(2) メール転送 芦田宏直
    ┣ 134 症状報告(3) メール転送 芦田宏直
    ┣ 135 症状報告(4) メール転送 芦田宏直
    ┣ 136 メール転送
    ┣ 137 症状報告(6) ― フライパンとフライパンカバー メール転送 芦田宏直
    ┣ 138 症状報告(7) ― 退院が決まりました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 139 症状報告(8) ― 自宅前の桜 メール転送 芦田宏直
    ┣ 140 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 岡村 和恵
    ┣ 144 症状報告(9)― 再入院しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 145 症状報告(10) ― この病こそ、気の病。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 147 症状報告(11) ― 分別ゴミの思想と治療の言葉 メール転送 芦田宏直
    ┣ 148 症状報告(12) ― 料理、受付、再退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 149 症状報告(13) ― 仮退院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 150 再入院!大変ですよね。 メール転送 岡村
    ┣ 152 メール転送
    ┣ 153 症状報告(14) ― 本日(14日)、退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 155 症状報告(15) ― 再々入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 157 症状報告(16) ― 再々入院その後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 159 症状報告(17) ― そして息子が倒れた メール転送 芦田宏直
    ┣ 162 症状報告(18) ― 〈人生〉を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 163 症状報告(18)補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 164 症状報告(18)続・補遺 ― 人生を語ってはいけない メール転送 芦田宏直
    ┣ 169 症状報告(19) ― 松阪牛騒動と食器洗い機 メール転送 芦田宏直
    ┣ 170 症状報告(20) ― 女子高生を許さない メール転送 芦田宏直
    ┣ 174 症状報告(21) ― 『サミット』と『さえき』 メール転送 芦田宏直
    ┣ 175 症状報告(22) ― 仮退院の三日間はスリリング メール転送 芦田宏直
    ┣ 177 症状報告(23) ― 鹿児島小平さんからのメール メール転送 芦田宏直
    ┣ 179 症状報告(24) ― 鹿児島・小平さんからの返信 メール転送 芦田宏直
    ┣ 181 症状報告(25) ― 退院後の検査 メール転送 芦田宏直
    ┣ 190 症状報告(26) ― また入院してしまいました。 by 芦田宏直
    ┣ 191 症状報告(27) ― 感謝します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 192 症状報告(28) ― 先生と家内に呼ばれた メール転送 芦田宏直
    ┣ 194 症状報告(29) ― 多発性硬化症ではない? メール転送 芦田宏直
    ┣ 216 症状報告(30) ― 『免疫革命』の革命性 メール転送 芦田宏直
    ┣ 237 症状報告(31) ― 日赤は救急病院だった。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 238 症状報告(32) ― 突然の来客と東京女子医大への転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 240 返信: 家内が緊急入院しました。 メール転送 山田千果
    ┣ 241 返信: 家内が緊急入院しました(千果さんへの返信)。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 243 症状報告(33) ― 拾う神 メール転送 芦田宏直
    ┣ 244 症状報告(34) ― 16日に東京女子医大に転院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 245 症状報告(35) ― 転院、無事終了 メール転送 芦田宏直
    ┣ 246 症状報告(36) ― 牡蠣フライはもう作らない メール転送 芦田宏直
    ┣ 248 返信: 症状報告(36) ― おいしい牡蠣フライの作り方 メール転送 芦田宏直
    ┣ 249 症状報告(37) ― フジテレビ跡地の公園 メール転送 芦田宏直
    ┣ 254 症状報告(38) ― 休むための大掃除 メール転送 芦田宏直
    ┣ 257 症状報告(39) ― お正月と紅白のその後 メール転送 芦田宏直
    ┣ 258 症状報告(40) ― 母親が泣いていた メール転送 芦田宏直
    ┣ 259 症状報告(41) ― 「お見舞い」ではなくて、「看病」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 260 症状報告(42) ― 新治療方針 メール転送 芦田宏直
    ┣ 263 症状報告(43)  ― いちごは腐っている メール転送 芦田宏直
    ┣ 266 症状報告(44) ― 本当の「症状報告」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 267 症状報告(45) ― 帰ってきました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 268 症状報告(46) ― とりあえず、「合格」しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 269 症状報告(47) ― また帰ってきました(ナガシマは入院しましたが) メール転送 芦田宏直
    ┣ 280 症状報告(48) ― また再発しました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 281 症状報告(49) ― 「また再発しました」続編 メール転送 芦田宏直
    ┣ 284 症状報告(50) ― 長嶋監督に会った。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 290 症状報告(51) − 明日、帰ってきます。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 301 症状報告(52) ― 退院します。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 302 症状報告(53) ― こんな返信がありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 311 メール転送
    ┣ 317 症状報告(55) ― またパルス メール転送 芦田宏直
    ┣ 318 症状報告(56) ― 説明に誤りがありました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 319 症状報告(57) ― 検査結果は「異常なし」 メール転送 芦田宏直
    ┣ 320 症状報告(58) ― 「暗い」と言われた メール転送 芦田宏直
    ┣ 345 症状報告(59) ― またまた点滴 メール転送 芦田宏直
    ┣ 348 症状報告(60) ― まだ良く生き延びている メール転送 芦田宏直」
    ┣ 362 症状報告(62) ― 特技は難病 メール転送 芦田宏直
    ┣ 375 症状報告(63) ― 気分は高木ブー メール転送 芦田宏直
    ┣ 407 症状報告(64) ― 帰り道が危ない メール転送 芦田宏直
    ┣ 1053 症状報告(65) ― 退院後1年経ちました。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1076 症状報告(66) ― 台風とキリスト教 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1115 症状報告(67) ― またまた再発、再入院 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1116 症状報告(68) ― 家内も私も元気です。 メール転送 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

190番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。