[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
1098 10/1(土)
10:31:28
 学生をバカにするわけがない、むしろ愛情の表れだ。  メール転送 Y  No.1059  3130 

 
「立腰教育」が学生をバカにしていると、芦田校長に指摘され、憤慨しています。
そもそも、初期導入教育と「立腰教育」はイコールではありません。
「立腰教育」は高等技術教育をするための基礎の部分であり、
非常に重要な役割をしています。
「立腰教育」が未完成のまま、高等教育をやっても、それは、「基礎の無い砂漠の上に建物を建設するようなもの」です。
崩壊するのが目に見えています。
現在、入学定員を大きく割り込んでいる、大学、専門学校は
この「立腰教育」を無視し、高等教育をやった結果です。
話を戻しますが、今,専門学校に入学してきている学生の85%程度が
きちんとした「立腰教育」を確立されておりません。
まず、この部分を確立・強化して、その上に高等教育を構築するべきです。
そうすることによって、企業が求める人材になると思います。
そのために、「立腰教育」に力を注いできたのです、学生をバカにした
結果ではありません。むしろ、人材としてOUTPUTするための
愛情の表れです。
現在の建設業界に特化して述べさせていただければ、
「トータルマネージメント」「自己プロデュース」できる人材が
求められています。そのような人材を構築する為にも、
「立腰教育」が必要不可欠であります。
私が教務に在籍していたA専門学校グループは、今年は
定員割れを起こす危険性があるらしいです。(現在所属している学科長談)
入学者減は確実らしい。(学科長談)
A専門学校は、「立腰教育」を取り入れることを断念し、しかも
初期導入教育を疎かにしている。まあその結果、進むべき道を
進んでいるみたいです。先日、芦田校長が掲載されていたように、
新設学科を作っては、廃科にし、また新しい学科をつくるの
繰り返しをしています。ぴったり当たってますね。
最後にまとめますが、
「立腰教育」は学生をバカにして実施したものではないことを
ご理解ください。


1059 校長の仕事(18) ― 建築と構造力学 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 1087 返信: 校長の仕事(18) ― 建築と構造力学 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1088 1087番への返信:「改革」は進むも地獄、後退するも地獄。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1089 精神分析は医学か文学か メール転送 u
    ┣ 1090 バカなことを言ってはいけません。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1091 議論は悪いことなのか メール転送 u
    ┣ 1092 議論は無条件にいいことだ。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1094 設計教育の手法(経験談) メール転送
    ┣ 1095 「チェックシート」も「最初の二ヶ月」もそれだけでは役に立たない。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1096 最初の2ヶ月の重要性、立腰教育を実施しているのか? メール転送 Y
    ┣ 1097 「最初の二ヶ月」教育は学生をバカにしている。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1098 学生をバカにするわけがない、むしろ愛情の表れだ。 by Y
    ┣ 1099 学生だけが『聞く姿勢』『学ぶ姿勢』『考える姿勢』がないのではない ― 私は断固学生を擁護します。 メール転送 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

1098番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。