[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
1096 9/30(金)
07:19:59
 最初の2ヶ月の重要性、立腰教育を実施しているのか?  メール転送 Y  No.1059  4260 

 
芦田校長の返信で、「最初の2ヶ月ではダメ」というコメントがありましたが、
これについて、反論させていただきたいと思います。
これは、「最初の2ヶ月」で、「立腰教育」を確立させるということです。
「立腰教育」が学生ひとりひとりに植え付けることができれば、
「聞く姿勢」「学ぶ姿勢」「考える姿勢」の3つの学習に必要な
姿勢が確立できるのです。
専門学校に入学してくる学生の85%以上は、これができていません。
これを、入学と同時に2ヶ月間で、訓練し、確立させるのです。
この2ヶ月間を、うまく踏破できれば、
それが、設計製図の授業であろうが、建築計画の授業であろうが、
材料実験の授業であろうが、関係ないのです。
本当は、この「立腰教育」は、小学校・中学校で確立されるべきものです。
しかし、残念ながら、現状は、なされていません。
そして、この「立腰教育」は、実社会に出てからも、
仕事の基本姿勢として、必要な事だと言えます。
今の専門学校教育の初期教育導入時点で、この「立腰教育」が抜けているのでは
ないかと疑問を持っています。
また、今後の少子化の中で,淘汰される専門学校は、この概念を
見落とした学校が該当すると考えられます。
生意気な反論をお許しください。


1059 校長の仕事(18) ― 建築と構造力学 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 1087 返信: 校長の仕事(18) ― 建築と構造力学 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1088 1087番への返信:「改革」は進むも地獄、後退するも地獄。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1089 精神分析は医学か文学か メール転送 u
    ┣ 1090 バカなことを言ってはいけません。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1091 議論は悪いことなのか メール転送 u
    ┣ 1092 議論は無条件にいいことだ。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1094 設計教育の手法(経験談) メール転送
    ┣ 1095 「チェックシート」も「最初の二ヶ月」もそれだけでは役に立たない。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1096 最初の2ヶ月の重要性、立腰教育を実施しているのか? by Y
    ┣ 1097 「最初の二ヶ月」教育は学生をバカにしている。 メール転送 芦田宏直
    ┣ 1098 学生をバカにするわけがない、むしろ愛情の表れだ。 メール転送 Y
    ┣ 1099 学生だけが『聞く姿勢』『学ぶ姿勢』『考える姿勢』がないのではない ― 私は断固学生を擁護します。 メール転送 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

1096番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。