[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
341 9/14(火)
08:23:10
 ディキンソンの原詩を見つけた。  メール転送 芦田宏直  No.334  3426 

 
エミリィディキンソン(1830−1886)(http://www.h2.dion.ne.jp/~hemlock/index2.htm)は、アメリカ19世紀を代表する女流詩人(http://www.h2.dion.ne.jp/~hemlock/index2.htm)。生存中には、詞は一切発表されなかった。彼女の死後、妹ラヴィニアがチェストの中から1700編を超える詩編を見つけたらしい。『ソフィーの選択』で使われるなんて思いも寄らないことだろう。そんな彼女のために、一晩かかって、Ample make this bed.の原詞を探し出しました。さすがに私の書斎(http://www.ashida.info/jboard/read.cgi?num=315.313.1)の中にはディキンソンの詩集は一切なかったものですから、結構苦労しました。

映画の中の訳詞はそんなにも間違っていませんでしたが、「this ground」=「this bed」の意味合いを伝えることが充分にできていないような気がします。


Ample make this bed.
Make this bed with awe;
In it wait till judgment break
Excellent and fair.

Be its mattress straight,
Be its pillow round;
Let no sunrise' yellow noise
Interrupt this ground.


※映画の中の訳詞

広い寝台を
畏れをもって準備し
公正な
審判の下る日を
静かに待とう
しとねをまっすぐに
まくらは丸く
朝日の黄金色の騒音に
乱されぬように


334 EARTH と COLOR と 子供の(という)死 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 335 『ソフィーの選択』と残酷な女性 メール転送 芦田宏直
    ┣ 340 また見てしまった『ソフィーの選択』 メール転送 芦田宏直
    ┣ 341 ディキンソンの原詩を見つけた。 by 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

341番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。