[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
250 12/24(水)
21:49:19
 返信: 続・経済産業省の仕事 ― コミュニケーション論を撃墜した  メール転送 anan  No.247  1983 

 
好きなこと、と勉強してみたいこと。

数学の方程式なんて私の人生では絶対に使わないから、私だけは免除してほしい、と中学1年の時
先生に直訴した(やはり却下されたが)
好きな科目以外、あんまり真面目に勉強したことがなくて、好きでないと頭に入らないから時間の
無駄だと思っていた。何故、学びたいことを学ばせてもらえないのか?

それは保育園の時、まだ外の砂場でお城を作っているところなのに(途中なのに)部屋にはいりなさい、
とか、いい感じで粘土のうさぎが出来つつあるのに、外に出て遊びなさいとか、言われた頃から感じ
ていた。おとなは自分勝手で、時間の使い方がわかっていない、と思っていた。

だから、立たされても、怒られても、仲間はずれにされても、好きな事をするほうが大切だと思って
いた。今でもそう思っている。

人生のすべては単純で、自分で感じて、行動する、ただそれだけだ。

だから何が好きなのか、何を学びたいのか、感じる心と、勉強しよう、学んでみよう、と行動する力
さえあれば、何でも知る事はできる。私は少し変わっていると思われていたようだが、決められた事
をなんの疑問も好きも嫌いも感じる事をしないで、ただおとなしく従っているほうがおかしいと思う。
ひとそれぞれ。好きな事があって当然だから。

そして好きな事は楽しい。
勉強である事を忘れてしまう。

ちなみに数学の方程式は私にはやっぱり必要なかった。
今、若い頃に学んでおきたかったな、今からでも勉強したいな、と思うのは、お金の事。
貯金のしくみや保険のしくみ、物が流通する時のお金の流れ。地球でお金がどう動いているか、について。

人との約束を守り、時間を守り、真面目に一生懸命やればいい。そうすればなんとか生きていける。
と父は言っていた。お金のこと、経済のこと、世の中のこと、にはまったく無頓着な人だった。
尊敬している父だけれど、60を過ぎた今でも自由に過ごせる時間もお金も少ない。
しかも、もう休みたいのに、まだ働いている。
40年以上も真面目に一生懸命働いてきたのに何故?と思う。
年金の改正に一喜一憂する父が、ちょっとくやしい。

そして私は、楽しいことだけやって生きてきた。
気が付けば30代、仕事も生活もあまり境目がなく楽しく生きてこられたことはいいことかもしれない。
でもやっぱり欠けているなぁ、と思うのは、お金に関する知識。
勉強してみたいです。

30代のひとりの意見でした。

ちなみにコミュニケ−ション能力というのは、好きなことをさせてもらえないから育まれないのでは?
何がしたいのかを感じ、好きなことを知りたいと考えればコミニュケ−ションも必要となってくると
思うのですが。
それ以前にそんなことを学校で学ぼうって考えることが変だと思います。
家族とか友達はいないのでしょうか?
それは人間同士で行うことで、だれかがだれかに教えるようなことではないはず。

さるの毛づくろい教室のようなもの? コミニュケ−ション教室って。
笑顔の作り方とか? 体かゆそうな人の探し方とか(笑)
そんなのさる山にはいってみないとわかりませ〜ん。勉強することではないでしょう。

それとも人工的なさる山が必要なんでしょうか?

Happy X'mas !!


247 続・経済産業省の仕事 ― コミュニケーション論を撃墜した メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 250 返信: 続・経済産業省の仕事 ― コミュニケーション論を撃墜した by anan
    ┣ 251 返信: 続・経済産業省の仕事 ― ananさんへの返信 メール転送 芦田宏直
    ┣ 253 返信: 続・経済産業省の仕事 ― コミュニケーション論を撃墜した メール転送 anan


 [一覧へ戻る]

250番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。