前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

599 re(2):テラハウス新規講座発表 ― 全70講座を追加
2002/3/28(木)23:36 - 芦田宏直 - 19779 hit(s)


ありがとうございます。カリキュラム改編の会議は、昨年の暮れからはじまり、今月の中旬まで続いていました。いつもそうなります。血みどろの改編です。そして、新カリキュラムが私の手を放れたときには、今度はそのカリキュラムに合わせたパソコン環境設定という、またしても血みどろの準備が始まります。

その作業が、本日から、一週間、断続的に徹夜で行われます。夜10:00をすぎてもWEBカメラ(http://www.terahouse-ica.ac.jp/lobby02.htm)が付いている場合には、その作業をやっていると思ってください。新カリキュラムに従って、4月からすべてのパソコンのOSをWindowsXPにするからです。

テラハウスには、「志村さん」という、パソコン環境を専任で整えている技術者がいます。時々張り切りすぎて、竹村健一のように髪の毛が乱れているつりバンド姿の彼です。

芦沢昌彦先生も彼の元で一年修行してから、教壇に立つようになりました。プログラミングやネットワークの正統派の専門家です。こういった専門家を環境設定に専任で抱えているのも、テラハウスが“ちまたのパソコンスクール”と一線を画すところです。

彼とアルバイトの男子一人で、約400台のパソコンをWindowsXPに変えます。

WindowsXPは、ご存じの通り、OSです。OSを変えるということは、その上に乗っているアプリケーションすべてが、何らかの影響(どころか決定的な影響)を受けるわけですから、このことがいかに大変なことか、おわかりになるでしょう。

しかもこの間、テラハウスは一切の講座中断を行いません。何事もないかのように、13期から14期の講座改変をおこない、授業を続けています。その背後では、徹夜の作業も続いているわけです。毎回、カリキュラム改変では、カリキュラムスタッフ(カリキュラム作成、スケジュール作成、講師手配、パンフレット作成、ホームページ改変などなど)が徹夜が続き、期が始まる直前には、「志村さん」の徹夜が続きます。そうやって、14期カリキュラムがあと4日後に始まります。


〔ツリー構成〕

【596】 テラハウス新規講座発表 ― 全70講座を追加 2002/3/27(水)19:20 芦田宏直 (3489)
┣【597】 re(1):テラハウス新規講座発表 ― 全70講座を追加 2002/3/28(木)01:27 佐藤 (508)
┣【598】 re(1):テラハウス新規講座発表 ― 全70講座を追加 2002/3/28(木)22:38 元受講生」 (397)
┣【599】 re(2):テラハウス新規講座発表 ― 全70講座を追加 2002/3/28(木)23:36 芦田宏直 (1687)
┣【603】 re(3):テラハウス新規講座発表 ― 全70講座を追加 2002/4/4(木)22:12 現受講生の声 (632)
┣【604】 re(4):テラハウス新規講座発表 ― 全70講座を追加 2002/4/4(木)22:51 芦田宏直 (1013)
┣【606】 re(5):テラハウス新規講座発表 ― 全70講座を追加 2002/4/6(土)21:14 jiro (270)
┣【607】 re(6):テラハウス新規講座発表 ― 全70講座を追加 2002/4/6(土)21:24 芦田宏直 (784)
┣【608】 re(5):テラハウス新規講座発表 ― 全70講座を追加 2002/4/7(日)21:11 門外漢 (75)
┣【609】 re(6):ユーザーコンピューティング宣言 2002/4/8(月)08:53 芦田宏直 (29808)
┣【610】 re(1):re(6):ユーザーコンピューティング宣言 2002/4/9(火)10:13 丸山 (1098)
┣【611】 re(2):re(6):ユーザーコンピューティング宣言 2002/4/9(火)10:35 芦田宏直 (715)
┣【613】 お疲れ様でした 2002/4/10(水)01:56 ぽこあぽこ (495)
┣【614】 re(1):お疲れ様でした 2002/4/10(水)08:53 芦田宏直 (835)
┣【615】 re(2):お疲れ様でした 2002/4/10(水)18:04 丸山 (709)
┣【639】 re(3):お疲れ様でした 2002/4/14(日)15:24 元受講生 石渡智也 (877)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.