[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信数  読出数
381 12/20(月)
08:41:18
 なぜか泣けてきた『別れの予感』  メール転送 芦田宏直  2451 

 
今、学校に来る途中、私のiPodから、テレサテンの『別れの予感』(http://members.ld.infoseek.co.jp/supply100/wakarenoyokan.htmが聞こえてきた。1995年5月8日タイのチェンマイで、気管支喘息の発作でなくなった(42歳)と言われているが、エイズ説、スパイ説といろいろ騒がれた死だった。いろいろ考えると、なぜか涙が出てきて、学校へ来る途中ずーっと聞き続けて泣いていた。この歌はいい。『時の流れに身をまかせ』(http://members.ld.infoseek.co.jp/supply100/tokinonagare.htm)は単なる演歌だけれども、なぜか、この歌は、いい意味で『別れの予感』でしかない。彼女の現役時代は一回もまともに聞いたことがなかったけれでも、こんなに切ない歌はない。

朝、学校を掃除してくれているおばさん(お姉さん?)にテレサテンの『別れの予感』っていいね、とトイレで聞いてみたら、「でしょ、私なんか何回もコンサートに行きましたよ」だって。参りました。


  返信を書く [一覧へ戻る]

381番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。