[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信数  読出数
379 12/19(日)
01:41:22
 「24 -TWENTY FOUR- シーズン2」が買値よりも高く売れた…  メール転送 芦田宏直  2298 

 
Amazonドットコム(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/489986/ref=cs_tab_d_1_1/249-0078093-1002753)はすごい。知っている人にとっては今さら何を言ってるの? ということになるだろうが、でもAmazon初心者の私にとってはすごい。

私は、Amazonドットコムでは、書籍中心の買い物をしている。以前はBK1(http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi/3aefc10412c880103cc4)を利用していたが、買い物の手続きが面倒で、1クリックショッピングのできるAmazonに“転向”した。1クリックショッピングは、一度住所や支払い方法の登録を行うと商品を検索するたびに「1クリックで今すぐ買う」というボタンが「ショッピングカートに入れる」という通常のインターネットショッピングにありがちなボタンのすぐ下に現れる。「ショッピングカートに入れる」をクリックすると、住所やアドレス、購入方法やカード番号などいちいち入力し続けなければならないが、「1クリックで今すぐ買う」ボタンをクリックするとそれでもう終わり。訂正や取り消ししたければ、一時間以内まではOK。そのままにしておくともうそれで購入は確定して、大概の場合2,3日で商品が届く。この1クリックショッピングは、Amazonの特許らしい。BK1の方が到着日数が圧倒的に短く早く着くが、Amazonの1クリックショッピングにはまると、他のショッピングサイトでは買う気がなくなる。

Amazonの面白さは、これだけではない。自分がAmazonで買った本がデータベース化されていて、そのデータと親和的な書籍を逆提案してくる。それ以前に、一つの本(やDVDでもCDでも)を買うと、「この本を買った人は、こんな本も買っています」と勝手に案内してくれる。何度か、この“誘い”に負けて買った本があるが、それくらい、このデータベースは充実している。

そうやってAmazonを何回か利用していると(何ヶ月かすると)、「あなたの買った本を売りませんか」と突然別の誘惑を仕掛けてくる。「今なら14万になります」なんて言いながら、買った本(DVDもCDも)の一冊、一冊の中古市場売値が示されてさらにその気にさせる。この中古市場(Amazonではこれをマーケットプレイスhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/1058424/249-0078093-1002753と呼んでいる)は、Amazon自体が開催しており、Amazonのすべての商品には、正規の「価格」提示の真下に「新品/ユーズド価格」が(ハイパーリンクされて)提示されている。

それをクリックすると、アマゾンに、その商品を売りに出している人たち(個人も小商店もある)が組織されており、“中古”商品がずらっと並んでいる。なぜか「新品」も数多くあり、「新品同様」「非常に良い」「良い」などと中古状況が自己申告されており、「新品」であっても、正規価格よりもはるかに安い場合が多い(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/offer-listing/-/4003365119/used/sr=1-5/qid=1103387848/ref=sr_1_10_5/249-0078093-1002753)。この中古状況の自己申告が正しいかどうかは、その商品提示者の過去の出品評価(購入者の評価)のデータが同時に開示されており、500件の商い中、(たとえば)★★★★★などと五つ星評価で提示されている。つまり信用度が高いということだ。たとえば、私は、最近「スカートの翼ひろげて」(http://www.Amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005H3II/qid%3D1103383336/249-0078093-1002753)を、このAmazonの中古市場で買ったが、その数日後にAmazonから以下のようなメールが送られてきた(※マークが文頭につくものは、すべてAmazonのもの)。

※12/04/2004 14:17:17 JSPに、出品者doremi_de様からご購入いただき、ありがとうございました。

※今回の取引に関して、この出品者への評価をお願いします。商品についての説明は的確だったか、すぐに発送されたか、きちんと梱包されていたかなどについてお知らせください。出品者の評価は簡単です。星5つを最高の評価として、1つから5つまでの星の数を選択し、簡単なコメントを加えてください。お客様からの情報は、この出品者から購入を考えている他のお客様が参考にします。以下のリンクをクリックすると、出品者を評価するページにアクセスできます。

※-スカートの翼ひろげて [DVD] (2000...http://s1.Amazon.co.jp/exec/varzea/feedback-form/731-9692039-5182428A35ARFQZ2LDJ57/ref=sdp_fdbk_rem

※もし上記のリンクに問題がありましたら、以下のステップで出品者を評価することもできます。

※1. Amazon.co.jpの各ページ右上の「アカウントサービス」ボタンをクリックしてサインインしてください。

※2. 「注文履歴」の隣にあるプルダウンメニューから、「最近の注文」を選択してください。

※3. 該当する商品の「注文内容の確認」ボタンをクリックすると、お届け先と配送方法の詳細の下に「この出品者を評価する」リンクがあります。

※取引についてご不明な点がありましたら、as_nadja@yahoo.co.jp宛、この出品者に直接お問い合わせください。なお、取引履歴はアカウントサービスでご覧いただけます。http://s1.Amazon.co.jp/exec/varzea/subst/your-account/manage-your-account.html

※お手持ちの商品を出品してみませんか? Amazonマーケットプレイスへのの出品は簡単です。世界中のお客様のなかから、きっと買い手が見つかるでしょう。出品の手続きは、以下のURLにアクセスして行うことができます。 http://s1.Amazon.co.jp/exec/varzea/sdp/sai-identify/

※今後ともAmazonマーケットプレイスをよろしくお願いいたします。
※Amazon マーケットプレイス http://www.Amazon.co.jp/marketplace


ここでは自己責任がグループウエアによって理想化されている、と言っても良い。メーカーのPL法よりもはるかに厳しい商品管理、商品評価(自己評価)が課せられることになる。1回でも不評を買えば、もう二度と“商売”できない可能性がある。個人に対しての方が公共的なメーカーに対してもよりもはるかに猜疑心が高いからだ。

出品することは、5分もあればできる(楽天よりもはるかにラクテン)。Amazonからの振り込み口座の指示とメールアドレスを記入すれば、それで出品。出品はAmazonドットコムの中でその商品が開示されている箇所で行う。もし売れた場合は、ただちに登録したメールアドレスに報告され「出品商品が売れました。今すぐ発送してください」とやってくる。その文面は以下のよう(※マークが文頭につくものは、すべてAmazonのもの)。

※マーケットプレイスへ出品された商品に買い手がつきました。お客様のAmazonペイメントのアカウントに売上を計上しました。

※以下の商品を、今すぐ発送してください。

※商品数: 1点 
※商品名:24 -TWENTY FOUR- シーズン2 DVDコレクターズ・ボックス...

※商品はこのEメールを受け取ってから2営業日以内に必ず発送してください。

※**************************************************************************
※重要:梱包は丁寧に行ってください。配送方法についてはこちらをご覧ください。
http://www.Amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/1085250
※**************************************************************************

※商品のお届け先は以下のとおりです。パッケージにはご自身の住所を、差出人の住所として明記してください。また、購入者の参照用に以下の納品書を同封してください。

以下その購入希望者の住所が続く。
そうやって私もはじめて、24 -TWENTY FOUR- シーズン2 DVDコレクターズ・ボックス.(http://www.Amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00016ZOTK/qid=1103380828/sr=1-4/ref=sr_1_18_4/249-0078093-1002753)を(初回限定版ではない現在の定価20790円のところ)、19600円で出品したら、1週間後に買い手がついて、今日発送したところだ。この商品は、初回限定版で今年5月29日に買ったときには¥ 16,632(初回限定価格)だったから(http://www.ashida.info/jboard/read.cgi?num=304.291.5)、買値よりも高く売れたということだ(千葉の人が買ってくれた)。どういうことだ。自分でもさっぱりわからない。

これで24 -TWENTY FOUR- シーズン3 DVDコレクターズ・ボックス(http://www.Amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002U8NOI/qid=1103380828/sr=1-1/ref=sr_1_18_1/249-0078093-1002753)を買う資金が手に入った。「シーズン3」は、すでに8月にAmazonで予約を入れているが(12月22日発売)、ほとんどただ同然で手にはいることになる。というか、この「シーズン3」も一回見ればそれで充分だから、年末に出品すればすぐに売れる。レンタルショップで借りるより(12枚×300円=3600円)、はるかに安い。借りるより、買った方が安い時代に突入した。

こうやって、Amazonのデータベースは、個人の自宅の中の書棚やグッズに触手をのばし、それを公開化(その公開化を誘惑)している。一人一人がマーケットの対象であると共に、一人一人がマーケットの形成者でもある。しかも、こんなにもハイパーな“価格破壊”はない。マーケティング研究者、経営学者が折に触れて言及する「流通革命」でも「コスト革命」でもない。流通やコアトが破壊されているのではなくて、たぶん、〈機能〉が破壊されている。こんなことを誰が考えただろうか。というか考えた人はいくらでもいたかもしれないが、実際にそうなってしまっている。思想よりも現実の方がはるかに先に行っている。おそろしい(気味悪い)ことだ、と言って敬遠する人もいるだろうし、こんなに有り難いことはないと活用している人もいるのだろう。たぶんそのどちらでもない。もう少し考えてみたい。


  返信を書く [一覧へ戻る]

379番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。