[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
265 2/20(金)
21:33:17
 返信: 三都主(サントス)論・再論  メール転送 芦田宏直  No.264  1937 

 
要するに、〈能力〉や〈才能〉というものは弱いものへと向けられるものなのではなくて、いつでも自分よりも強いものへと向けられるべきだと言うことだ。だから、〈能力〉や〈才能〉というものは、いつでも自己否定(一つの悲劇)であって、再認(弱い者をいじめた後に残る自己の再認)のための道具ではないのだ。


264 政治家の〈語り〉とワールドサッカーオマーン戦 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 265 返信: 三都主(サントス)論・再論 by 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

265番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。