[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信数  読出数
206 10/3(金)
20:22:39
 追伸:賛成  メール転送  1735 

 
芦田様

新幹線品川駅論に対しての追伸です。
高層ビルの直線と線路の曲線が交わるところ、美しいですよね。
ちなみ、朝の光りがその光景に刺しているのがに自分は好きです。(笑)
自分も関西(長崎県)出身です。

TERAで学んだ理由は、学校を出てプログラマーとして働いてきて、
そろそろ自分の今までとこれからを考える時間が欲しかった為です。
もちろん、技術(知識)を向上するという現実的な目的もありました。
技術は授業で学びました。今までとこれからの事はロビーで考えました。(vaioノートで)
ロビーでは、いろんな境遇の人が出たり入ったりしてましたので、
人生を考える為のムードに満ちていました。(笑)
そういうわけで今、TERAがけっこう懐かしい感じがします。
今はおかげさまで、年収もあがり、納得のいく進路を歩んでいますよ。
(今気づきましたが、これ推薦文ですね!!!)

あと、「色気」についてですが、
色気とは「油断」のことだと糸井重里が言っていました。(たぶん)
その意味でいうと、TERAのプログラミング講座の先生達は色気がなかった
ですねえ(笑) 名前は挙げませんが。
「なんでこの人、こんなに優秀なのに優秀じゃないフリをしないんだろう?」
なんて思ってました。
あと、「きっと、こういう人達がIT業界をつまらなくしてるんだろうな」とも
考えました。
それに対して、自分がファンだったのは宮川先生でした。
あの厳粛で博学そうな顔で、よりによってチープでポップなHTMLを教えているのは、
まさに「色気」です。 しかも「芸」の域に達してます!!。
HTMLなんか全然興味ないのに、宮川先生の芸をみたいがために受講してました。(笑)
宮川先生に宜しくお伝え下さい。
(先生には以前 MacOSXのヒラギノフォントの良さについてメールしました。)

(を)


  返信を書く [一覧へ戻る]

206番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。