[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
1003 1/21(金)
13:26:44
 返信: 息子の稼ぎ―さすがに疲れたが、スパゲッティだけは。  メール転送 芦田宏直  No.1002  1763 

 
そこで(http://www.ashida.info/jboard/read.cgi?num=1002)、昨日は、会議が18:30から22:30におよび、スーパーも閉まり、食事もつくれない。そこで、今日は息子出資の寿司にしようと、21:00くらいに「今日は寿司を買って帰るから」と会議休憩の間に電話。二人(息子と家内)は夕食の寿司を楽しみに待っていたらしいが、会議が22:30まで延びてしまって、寿司屋は23:00閉店。首都高で飛ばせば間に合わない時間でもないが、無理と判断。22:30に「今学校だけど、寿司は無理。二人でボンカレーでも食べておいて」と電話。「えー、楽しみにしていたのに」(家内)と言われても ― 家内は無理をしてすまし汁を作っていたらしい― 、私だって食事もしていない。

家に着いたら、11:00すぎ。なぜか二人はドミノピザを注文していた。私はボンカレーを楽しみに帰ってきたのに、ピザとは。気分転換がつらい。あと、何分で来るの?と聞いたら、「10分くらい」と息子。それならスパゲッティ(ペペロンチーノ)を作ろうと提案。そうでないとピザだけでは盛り上がらない、と言うと、「お父さん疲れているのに、偉いよね」と家内からわけのわからないお褒めの言葉。いや、私は自分が盛り上がることしかしない。ゆで時間8分間の間にお風呂に入って、ちょうどだろう、ということで、急いでお風呂に入ったが、そのことを即座に(10秒も経たないうちに)忘れて、湯船にゆったり入っていた。多分疲れていたのだ。息子が「お湯が沸騰しているよ」とお風呂場に来て、はじめて「そうだ、早くお風呂を出ないと」とあわてる始末。

しかしスパゲッティ(ペペロンチーノ)は大正解。なかなか“豪華な”夕食になった。23:40をすぎていたが、こういった家族団らんの夕食もたまにはいいものだ。太郎君、私はまだ寿司のおごりを忘れていないよ。


1002 コミュニケーションとは経験的な出来事なのではない。 メール転送 芦田宏直 ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 1003 返信: 息子の稼ぎ―さすがに疲れたが、スパゲッティだけは。 by 芦田宏直


 [一覧へ戻る]

1003番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。